すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OZMAFIA!! - スカーレット 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


OZMAFIA!!




*スカーレット (CV:市来 光弘  さん) 感想 

11-scarlet.png


グリムファミリーの幹部。 生真面目で正義感が強い。 赤い頭巾を纏っている。
常にライフルを背負い、スナイパーとして高い腕を持つ。



主人公に女の子だと勘違いされるほどの小ささと可愛らしさを持つが、本人にはそれが悩みの種。
身長2mmの増減に、喜んだり悲しんだり。www
思春期の男の子って感じ。ww

そんなスカーレットだけど、考え方や周囲への対応の仕方は、とても冷静かつ道徳的。
グリムファミリーメンバーの、ヘンゼルとグレーテルの超過激双子に手を焼きつつも、その尻拭いを淡々とこなす。
「僕は、人を傷つけることが好きじゃない。マフィアとして失格かもしれないけど。」
外見に似合わない大人な考えなんだよねー。


主人公に惹かれはじめたスカーレットは、主人公と2人で街の外へ散歩に行くことに。
スカーレットの好きな場所・・・そこは、争いも無く、青い空がどこまでもどこまでも続いている丘だった。
本当はそんな平穏な時間の中で過ごしたいスカーレットなのに、スカーレットの運命がそれを許してくれないんだなぁ。

そんな散歩の帰りに、主人公のドジをカバーして、スカーレットが足を負傷する。
自分を囮にしてまで、主人公を無事に帰そうとするスカーレット。
漢だよ~!


そんな中、ハーメルンが街へと舞い戻る。
実はハーメルンは、元グリムファミリーのボス。
つまりスカーレットのボスだった。
過去に街で大量殺戮事件を起こし、街から追放されていた。

犯罪者とはいえ、自分のファミリーであるハーメルンを裏切ることが出来ないスカーレット。
主人公を含めた街の皆を敵にまわすかどうかに思い悩み・・・。



スカーレットENDも2つ。

スカーレットEND1では、ハーメルンを守ろうとしたスカーレットの銃を、ハーメルン自身が銃口を自分の胸に当て、引き金を引く!
どうしたんだー!!
何が起きたんだー?!
唐突・・・。Orz

囚われたハーメルンに代わり、スカーレットがグリムファミリーのボスに就任する。
赤頭巾に換わって身に付けた黒服が、なかなか似合ってる。www

敵対するファミリーとなってしまった2人だが・・・
「立場は変わっても、僕達の心はずっと変わらない。」
ファミリーとしての立場をすごく重視していたスカーレットだけれど、頑なだった心は少し成長したのかな。www


スカーレットEND2では、犯罪者であるハーメルンを捕らえる道を選び、グリムファミリーを解散してOZファミリーへ入る事に。

ここで「ハーメルンはマリオネット」という、意味深な言葉が・・・。
あらゆるルートのラスボス的存在のハーメルンだが、裏で糸を引く奴がいるらしい???

ハーメルンを捕らえ、そのままOZファミリーの幹部として生きていくことに。
「これで、君に好きだと言える。」
ん~、確かにHappy End だけれど、こっちはスカーレットらしくない・・・かな~。ww



スカーレットルート、お顔は可愛らしいし中身は男前なので、乙女ゲ恒例の「数年後の成長したお姿がこちら!!」的展開を猛然と期待していたのだが・・・。

支配者層達は、歳を取らないんだそうだ・・・。Orz










OZMAFIA!! - ロビン・フッド 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!



OZMAFIA!!



*ロビン・フッド (CV: 藤波 聡 さん) 感想 

71-robin.png


シャーウッド診療所常駐の、街でたったひとりの医者。
常に黒いフードとマントを身に纏い、仮面を付けていてめったに素顔を晒さない。
死んでしまった者を生き返らせる事は出来ないが、相当の怪我や病気なぞは治せると豪語する。



不倫ルートです。www


「妻がいる。」と最初から躊躇うことなく明言する。
しかも、結婚指輪もしっかりと光らせている。
それにもめげずに「カラス先生」と慕って迫りまくる主人公。
世の中の主婦の敵になりたいのか?www


それにしても、ロビン先生のマスク、皆「カラス先生」と呼ぶけど、カラスに見えない。
どちらかと言うと・・・蝉?www
絶対、蝉だね!!
蝉はすごい苦手なので、ロビン先生のお姿は当初かなり引いた・・・。

がっ!
マスクをしている攻略対象は、十中八九、超絶美形と決まっている!
そのルールに則り(そうなのか?)、ほぉぉぉ~ら!
マスクを取ったロビン先生の素顔!
そうだと思ったよ、絶対に美形に決まってると思ったよ♪


このロビン先生、話をしていると世捨て人みたいな考え方をしてる。
全てが過去のような、これから先はどうでも良いような・・・。

主人公がロビン先生の所へ日参するうち、奥さんの事が気になり出して皆に聞いて回ってしまったり、結婚指輪にやたらと目がいってしまうなど、さらに増す不倫の香り・・・。www
しかも先生も「彼女の話はよそう。今、ここにはいないのだから・・・。」なんて、思わせぶりな発言しちゃうし。

が、実はここにいたのですねー。www
診療所の奥の鍵のかかった部屋に置かれた不気味な装置。
その中に眠る一人の女性。
それがロビン先生の奥さん。

診療所で夕食を作って、主人公と一緒に過ごすロビン先生。
「彼女も喜んでくれるだろう。」って!って!
言い訳を言い出したら、深みに嵌るだけです・・・。www


夜、ロビン先生が主人公の部屋へ侵入?!
遂に来たか?!wwwと思いきや、奥さんに瀕死の重傷を追わせたハーメルンが街に戻って来たため、主人公の部屋を足がかりにして、OZの武器庫から銃器を盗む魂胆。
ついでに主人公も頂いちゃおうと!!
ロビン先生、やり方汚ねー!

が、バチが当たったのかwww、復讐をしようとして失敗。Orz
牢獄直行―!
でも、「君が好意を寄せた男は、こんなに無様だ。」と言うロビン先生に、主人公は「愛してもらいたくて好きになったんじゃありません。待っています、ずっと。」
こんな後ろ向きなずるい奴に、なんて健気な一言。


結局、ロビン先生の奥さんが無理矢理自己覚醒し、かつ自殺行為で身を引いてくれたおかげで、不倫は結実。
ドロドロやん・・・。www

なのに、ロビン先生たら「そんな僕が好きなんだよね。」
ダメだ・・・私だったら、後ろから石投げそ・・・。www









OZMAFIA!! - パシェ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


OZMAFIA!!



*パシェ (CV: 藤井 京子 さん) 感想 

31-pashet.png


猫。 雌猫ばかりで構成される長靴ファミリーのボス。
正義感が強く、生真面目。



攻略対象?つかルートに女の子がいるって・・・???
ん~~・・・一抹の不安を感じたのですが、大丈夫、友情ルートでした!www ← 何考えてたんだ??


パシェもかなりの男前の性格。
曲がった事、規律に反することが許せない。
常時正義感を身に纏っている。
しかも、剣の腕も立つ。
鍛錬大好き。www


そんなパシェだが、唯一の弱点がある。
それは「カエル」 。www
「にゃっ?!」と驚くところが可愛い♪
アリスシリーズのボリスみたいぃぃ。ww


そんな男前のパシェだが、血迷って着てみた可愛いドレスに合わせた靴のヒールが石畳に挟まってしまう。
それをそっと外してくれたアクセルを意識してしまうように。ww

カラミアとアクセル、主人公とパシェの4人で牧場へピクニックに行くことに。
帰って来た時のカラミアと、仲間はずれにされたキリエの会話が可愛い♪
どうせ誘ったって来なかったくせにと言うカラミアに向かって、キリエが一言「死ね。」wwwww
ダメモトで誘って欲しかったんだよね、キリエ。

スイーツ大好きなアクセルのために、ソウにお菓子作りを習ってまで届けようとするパシェ。
なのに超鈍感なアクセルは、自分達は敵対関係なのだからと、冷たく断ってしまう!
主人公:「アクセルの、馬鹿馬鹿馬鹿!!」
私も輪唱していいですか?www

そんな傷心を抱えているところに、街を追放されたグリムファミリーのボス・ハーメルンが舞い戻ったとの知らせが入る。
子供と動物を笛の音で操るハーメルンの仕業で、長靴ファミリーの猫たちが、街で暴走する。
仲間を傷つけてでも、止めようとするパシェだが・・・。



パシェENDも2つ。

END1では、部下の暴走を止められなかった事を悔やみ、ファミリーを解散しボスの地位から降りるパシェ。
代わりの仕事として、修行を積みパティスリーを開店する。

ん~~、このENDは、ちょっとパシェらしくなくて、違和感かなぁ・・・。Orz


END2では、部下の暴走をコントロールしつつ、ハーメルンを捕らえて街の平和を取り戻す。
だが、ファミリーが街を壊した事に対する賠償金が、ボスであるパシェに重くのしかかる。ww

そこへ何気にパシェをカジノへと誘うキリエ。
パシェはルーレットで見事に大当たりを出し、賠償金以上の儲けを手に入れる。
キリエ、口悪く言いながらも、パシェの賠償金を何とかカバーしようとしてくれてるんだよなぁ♪
いいやつなんだよ、ホントは。www
お声もいいし♪♪ (どうしてもそこ)

賠償金が返済出来た事へのお礼のパーティを開くパシェ。
可愛いドレスも、これが着収めだと話す。
「ボスであるからには、己を顧みず領民に尽くさねばならない。」
うんうん、パシェらしいよ!

主人公とパシェと2人で流星群祭りへと繰り出す。
マフィアのボスであるからには、主人公といつまでも共にいる事は出来ないが、大切な友として守ることを星に誓う。
うんうん!パシェらしい♪
こっちのENDは好きでした。ww








OZMAFIA!! - マンボイ(娼館ルート) 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


OZMAFIA!!



*マンボイ (CV:粟津 貴嗣 さん) 感想 

52-manboy.png


娼館のスタッフ。  なぜか葬儀屋も兼ねている。



これはマンボイルートなんだよなぁ・・・と思ってplayしていたのに、途中突然にアルファーニ(娼館No.1男娼)と関係を持つ主人公。
頭の中が???ってなりましたねー。
へ?アルファーニルートなのか??? と思っていたら、「娼館ルート」なのですね。汗


マンボイと話がしたいからと、娼館へ足繁く通う主人公。
マンボイは、娼館の快楽の罠とドリアン・グレイ(娼館オーナー)の魔の手に堕ちない様にと主人公を遠ざけようとするのだけれど、マンボイも主人公に会いたいわ、超天然な主人公はマンボイの心配に気付けないわで、どんどん深みに嵌る嵌る嵌りまくる。Orz

何かstoryがドロッドロだし、登場人物がマンボイ以外、皆キモイので、共通エピソードが途中入っても、このルートだけ違う物語のようにどよどよぉぉ~んとした雰囲気が立ち込める。www
そして、あろうことか、アルファーニとだけぢゃなく、ドリアンとまでがっつり関係する!
堕ちるところまで堕ちまくりますよー!
まっさかさまですよー!Orz



娼館ENDも2つ。

END1ルートでは、娼館内で死んだことにされて捉われてしまう主人公。
だが、マンボイと結託して娼館を乗っ取り、女主人にのし上る。

ドリアンもアルファーニも、キモ過ぎる・・・。
ドリアンに至っては、娼館オーナーとはいえ、首まで歪んだ世界に浸かりまくってる。
私、病んでる人は徹底的に病んでもらいたい方なのですが、ドリアンの病み方は暗黒過ぎる。
ブラックホール過ぎて・・・無理。
でも、そのドリアンに打ち勝つという結末なので、若干救われる。www

ドリアンから娼館を乗っ取る時のKeyとなった絵画があるんだけど、何が描いてあったんだ???
ここも謎が残るわけで。ww


END2ルートでは、主人公がドリアンの玩具にまで堕ちまくる。
R18ゲだったら間違いなく表現されるであろう3Pを想像させるスチルも。www
R18ぢゃなくてマジヨカッタのかも・・・とまで思ったほど、ドリアンがキモイ。www

マンボイの本名は「サウセイド」っていうらしいんだが、何故本名を知られたくないんだろ??
つか、マンボイ、主人公が大切なら、もっと頑張って守ってくれよー!www
マンボイ中心のルートのはずなのに、マンボイの力、全く及ばず・・・。

ラストでは、娼館を訪ねるキリエに「自分のお気に入り」と主人公を見せびらかすドリアン。
あのキリエが、主人公の失踪を心配し不審に思って、ずっと探してくれていた!?!・・・らしい。
どうしたんだ、いい人じゃん、キリエ!www
もっと早く、堕ちる前に何とかしてくれー。www









OZMAFIA!! - ソウ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


OZMAFIA!!



*ソウ (CV:井口 祐一  さん) 感想 


22-so.png


無法集団「ウォールフガング」のメンバー。
週末は街の中心部でカフェの屋台を出している。 お料理上手。



通常、好きなものは取っておき、苦手なところから潰していく(おいおい)のですが、今回はかなり好き♪なカラミアの次に好き♪な感じのソウからスタート。
だって、お声が懐かしくて♪www


 人懐こくていつも前向きで、むちゃくちゃ優しいソウ。

声と話し方が可愛らしくて女の子みたいだけれど、これが実は、登場人物の中では一番男前なのではないか?と思うくらいに器がでかい。www
とにかく怒らない、声を荒げることが無い。
主人公が困らせるような事をしようが心配をかけようが、まずは全て受け止めて、上手に切り返したり優しく諭したり。
それはウォールフガングのボスであるシーザーに対しても同じで、何気な~く上手に手の上で転がしている感じ。wwwww
しかも、常に前向き。
どんな時にも、どうしたら一歩前に進めるか?と自然に穏やかに考えているんだよなぁ♪
いい!! ソウ、いいよ♪♪


主人公と日曜日毎に会うたびに、惹かれていくソウ。
主人公はと言えば、そんなでもないところが・・・ソウ不憫。www

「かわいいとか、好きとか。そんな簡単な言葉でしかこの気持ちを表せない。だから表現できないかわりに、たくさん言うんだ。本当にそう思っているんだよって、伝わるために。」
きゃぁぁぁ~♪
なんて優しい言葉なんだー♪


マフィアの抗争の世界で生きるために、身の置き方を迫られる主人公。
その主人公を自由にしてあげたいと、2人で街から出る事に。
う~ん、駆け落ちと来たかー。www


でも、2人で少しでも遠くへ逃げようとするその時間が、2人にとっては楽しくて幸せな時間だったわけで・・・。



ソウのENDは2つ。

END1ルートでは、駆け落ち途中でシーザーに見つかってしまう。
どう見ても戦いには向いてないソウだけど、なんと!シーザーを打ち破ってしまう!?
シーザーさ、こいつ弱くね?って途中思ってたんだけどさ・・・やっぱり弱いのね。www

せっかくシーザーから逃げ切れたのに、主人公が熱を出し治療のために街へと戻ることに。

熱の原因は不明で、カラス先生もお手上げだったが、ソウだけは分っていた。
主人公がソウを忘れることが、病気から助けることになると・・・。
そして、主人公は元気になった代わりに、ソウとの出来事を忘れてしまう。
主人公の側にいるソウだけが、2人の思い出を心にしまって生きていく・・・。

何故?!
何故ソウを忘れる事が主人公を助けることになるんだ???



END2ルートでは、駆け落ち途中でソウが胸痛を起こし、街へ戻ることに。
そして街へと戻った時、ソウが忽然といなくなる。

「生きるって、難しいね。」
「君を自由にするということは、オレが……オレ自身を否定するということだから。そう、キミが幸せになる未来には、オレは不要なんだ。こんなオレを、想い出の中に住まわせてくれて、ありがとう。」


数年後、幻の様にして一瞬主人公の前に姿を現し、また消えてしまうソウ。
「いつも君の側にいるよ。」



ソウ、切なすぎ・・・んでもって、謎残りすぎ。www
真相ルートがあるらしいので、そこで全て判明なのかなぁ~~。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。