すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Lamento -BEYOND THE VOID- バルド 感想
☆R18のBLゲームの上、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


Lamento -BEYOND THE VOID- 


*バルド(CV:舞幸運さん)


bana_02_04m.jpg



バルドルート感想の前に、まず主人公のコノエ(CV:波多野 和俊さん)から。


bana_02_01m.jpg


コノエは、両親を亡くし、火楼という村でひとりぼっちでひっそりと暮らす猫。

Nitro+CHiRALの主人公は、何度も言いますが、本当にいつも健気で可愛い。
コノエも同様で、素直でシャイで、意地っ張り。
鉤尻尾と方向音痴と火が苦手なのがコンプレックス。www

ある日突然呪いの印が体に発現して、人の感情を共感したり物が持つ過去の記憶に共感して映像として見えたりする、不思議な力を持つようになる。
呪われた姿を隠し、火楼の村から逃げるようにして飛び出すのだけれど、その運命に正面から立ち向かおうとする。
途中、ライやアサトと出会いながら、藍閃という街で宿屋を営むバルドに出会うことに。




さて、バルドルート。

おっさん、おっさん系は苦手だなんて言って、すみませんでした!

まず最初に謝ります!すっごく反省していますっ♪www


バルドは、金に黒の縞のトラ猫。
ライの両親の親友で、子供だったライに剣を教えるなど可愛がっていた。

最強の剣士として名を轟かせたいという野望を抱いていたが、その夢は断ち切られ、大きな挫折に陥る。
そんな弱い自分を恥じ、力を得たいという一念から、悪魔と契約を結んで闇の力を得ようとするが、途中でライに見られてしまい儀式は中断、ライはバルドを嫌悪するようになる。

中途半端な魔との契約の痕だけが右腕に残り、右腕が発する闇への誘惑に苦しんでいる。
全てに挫折して世捨て人のように成り下がったバルドは、宿屋の主人をしながら、このまま静かに死んでいけたらいい・・・と思っていた。

だが、ある日飛び込んできたコノエとライ。
ライとの再会によって、再び苦しみが大きくなる。

しかし、コノエの運命を諦めず前に進もうとする姿に引きずられるようにして自分自身を取り戻し、そして自分を引き上げてくれたコノエに大切な絆を感じるようになっていく。
そしてコノエの方も、不安な時、辛い時に、ふと気付くといつもそっと側にいてくれるバルドの存在が大きくなって・・・♪


バルドは、いつもかったるそうなんだけど、そこは大人の猫、コノエに接する時はいつも余裕に溢れているんですよねぇ。
コノエとR18な場面になった時も、コノエに「エロ猫」「遊び猫」と呼ばれてしまうくらいに、その一連の仕草や言葉が、優しくて余裕。


もうお任せしますって感じで、安心するぅ~♪(何が)


バルドの声も、最初はおっさん・・・なんて思っていたけど、コノエに甘くなってくるに従って、すごく優しくて、大人の包容力全開!という感じで。www

ベッドの中で、バルドがコノエに「俺の事、嫌いか?」と訊ねるシーンがあるんですよー。
シャイで意地っ張りなコノエは、バルドの問いかけに全部「嫌いだ。」って答える。
でも、バルドの「じゃぁ、俺はいない方がいいのかな?」という問いに、コノエが思わず「それは・・・嫌だ。」と答える。

その返事に、バルドが「そりゃな、嫌いって言わないんだ。」って、すっごく優しい声で宥めるんですよ、これがぁぁぁ!うきゃぁぁぁぁぁ♪

バルド、おっさんは苦手とか言いました、すみませんでした!!

コノエの前向きな気持ちに引きずられるようにして、自分も変わろうと思えた時から、バルドの服装が変化。
つか、宿屋の主人の時と変わり過ぎだし。

バルド、物事は形から入るタイプでしょ?ww




*ラゼルEND(CV:犬野忠輔さん)


bana_02_05m.jpg


どのルートでも途中で辿り着ける、悪魔さんBAD END その1。

ラゼルは怒りを司る悪魔で、コノエに付き纏う4人の悪魔のひとり。
怒りに囚われると、このENDへ。

CVは、超低音ボイスが冴え渡る犬野さん(猛獣使いと王子様のねずみさん♪)なのだが、通常ルート内とENDの声の纏う雰囲気が全然違うぅ。
ラゼルENDでのお声は、ラゼルがコノエを捉えてしまう展開なので、色っぽさ5割増しって感じ!

悪魔化してしまったコノエも、角、似合ってマス♪



*ヴェルグEND(CV:オイリーはなさん)


bana_02_07m.jpg


バルドルートから派生する、悪魔さんBAD END その2。
ヴェルグフラグの選択肢で安易にヴェルグを信じると、このENDへ突き落とされる。

ヴェルグは快楽を司る悪魔。
コノエを監禁し、快楽に溺れて自分を見失った所を食べちゃおうという魂胆。

ん~、ヴェルグ、コノエを堕とすのに花の種(つか、結局は媚薬)を使っちゃうんだなぁ。
おいお~い、快楽を司る悪魔なんだから、薬の力などに頼らず自分の力で何とかしようよ!www



*バルド BAD END


バルドルートで、最後にコノエらしくない選択をすると、このENDへ。

リークス(ラスボス:諸悪の根源・・・でもKey wordは「リークスはコノ・・・」うは!盛大なるネタバレ)を倒すんだけど、それぞれが自分の理性の部分を失ってしまうという結末。
コノエ、リークスに乗っ取られます。(涙)



*バルド GOOD END


コノエとバルドがリークス(CV:片岡大二郎さん)と闘ってる所へ、なんと姿を消していたライが駆けつける!

バルドの事を嫌悪していたライだが、生き方を変えたバルドの気持ちを理解し、なんと共闘する事に!
2人が並んで長剣を構えるスチルは、マジにかっこいい!

しっかし、リークスが仮面を取った姿には、ぶっ飛んだ!
コノエ自身は幼さが残る感じなんだけど、リークスはもちっと大人な感じで。www

でも、リークスの賛牙(戦に挑む闘牙の力を歌で増幅させて戦いを支える役割を担う)として、自分の命を削り、泣きながら歌を歌うフィリ(CV:桜塚瞬一さん)が切ない・・・。

そして、最後の最後までコノエを支えようとしてくれる歌うたいの猫(シュイ)。
コノエに語りかける優しい声(CV:中原 茂さん)。
「~しなさい。」という優しい命令調がいい♪
だって、コノエの・・・♪


リークスを倒した(割とあっさり倒します・・・笑)ことで、コノエやバルドの呪いも、世界を蝕もうとしていた「虚ろ」などの現象も、全てが消えて行く。

リークスは、悪魔チームよりもよっぽど悪魔な所業を重ねてきたのだけれど、その心の奥には捨てきれない「感情」が水たまりのように残っていたのだね・・・。



藍閃に戻ったコノエとバルドの数年後・・・、仲睦まじい夫婦みたいに宿屋を切り盛りしてる♪
バルドに届いた手紙を勘違いして、やきもちを妬くコノエが可愛い。

ずっとずっと仲良くしていればいいよ♪

2人がイチャついている所へ、バーン!とドアを開けてうっかり入って来てしまったライの顔が、見てみたかった♪
きっと、氷河のクレバスのような、冷たくて青い目で固まってるんだろうな~♪




バルドは落ちぶれた情けない雰囲気なんだけど、実は自身の右腕の闇と闘い続けている強い心の持ち主で、しかも大人だからさり気なく相手に気遣わせないように、そっと心を配ってくれるんだ、これがまた♪
バルドとの「絆」は、“側にいてくれて良かった”というコノエの一言に尽きるかなぁ。

「相手を信じ、相手の心が歌う歌を聴きなさい。」
相手の心が歌う歌・・・深い・・・。
思わずいろんな事を考えてしまうなぁ・・・。







スポンサーサイト


コメント
ありがとうございます♪
月 様

おはようございます♪
blogへのコメントを頂きまして、ありがとうございました♪
blog openして初めてのコメントが月さんのコメントです~!(嬉)

リンクのご許可、ありがとうございます!
嬉しいです~~♪
リンクさせて頂くのも月さんが初めてですし!

私のリンクなんぞで宜しければ、片隅にでも置いて頂けると、幸せです♪

Lamentoをはじめ、月さんの過去ゲームのお話を拝見しては、画面に向かってうんうん
頷きながら、にやにやしております。

こんなやつですが、これからもお話させて頂けたら嬉しいです♪
どうぞ宜しくお願いします。(^^)
[2012/12/03 08:25] URL | 朱雅 (しゅま) #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/12/03 08:12] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://suppinndakedo.blog.fc2.com/tb.php/8-7295b862



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。