すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤの国のアリス ~ ユリウス /  クリスタ 感想 
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!



ダイヤの国のアリス





*ユリウス (CV:子安 武人さん ) 感想

s-12.jpg


 時計屋。不思議の国の住人の「心臓」にあたる「時計」を修理する。墓守領滞在。


ダイヤの国では、子供エースの保護者的存在のユリウス。
抗争が多いダイヤの国では仕事も多いだろうに、しょっちゅういなくなるエース探索に奔走するユリウスが不憫過ぎ・・・。

アリスは、クローバーの国から弾かれた設定なので、クローバーの国にいなかったユリウスとは久しぶりに会えた!!と感動しきりなんだケド、私はジョカアリでも箱アリでも会ってるから、そんなに感動ぢゃな・・・。(☆_@;)☆ \(`-´メ)


エースに振り回され、捻挫をしてユリウスの部屋で治療してもらうことに。
この時のアリス、やたらと必死。www
体裁も見栄も振り捨てて!って感じで。
むちゃくちゃユリウスにだけは、特攻するよなぁ~~。



んで、ユリウスENDも2つ。

「家族みたいに END」 ⇒ 3人で市場へ。3人でいると居心地がいいねEND.

「同じ部屋で END」
⇒ ユリウスの部屋は、ダイヤの国であっても、ハートの国の時計塔の部屋と全く変わらずにそこにあった。
「迷って、選ぶ時が来たら、ここを選べ。」
いや!ユリウス!その言い方はとってもとっても優しくて素敵なんだけど、ユリウスらしくないー。
ユリウスは、この世界に留まるようにとは言わないもの~。
留まって一緒にいたいと思っても、言わないんだ、ユリウスは。
そして・・・突然のKiss・・・これもユリウスらしくないっっ!
うじうじしたユリウスにはあるまじき、早過ぎの展開にびっくりした!

ん~、ユリウスとっても好きなんだけど、ユリウスのENDには肩を落さざるを得ないよー。
非攻略でも何とかENDを作ろうとしての無理があるよなぁ・・・。
どうしてもと言うなら、攻略対象のENDをもっと減らして、も少し丁寧になぞった方が良かったんじゃないかと。(^^;;





*クリスタ (CV:小林 沙苗 さん) 感想  

s-05.jpg


 ダイヤの城の女王。 TPOに合わせて、大人Ver.と子供Ver.を使い分けますのよ♪


クリスタの氷漬けコレクション。
半生状態の恐竜って・・・。www
「恐竜じゃありません。ドラゴンです、ドラゴン。」
いや、どちらにしても凄過ぎです。
氷漬けになっているドラゴン、箱アリのピアスが召還したドラゴンに似てません?ww


クリスタENDも2つ。

「BAD END」 ⇒ アリスが氷漬けEND

「ダイヤのキング END」
⇒ 最近見かけなくなったダイヤの国のキング。
クリスタに怯えて出て来なくなった・・・?
・・・どこから???
思い当たる場所は、1箇所しかないよね・・・。
ひぇぇ!やっぱり!!氷漬けのキング。
氷漬けになってはいるが、かなり美形っぽいような。
溶かしてみようよ♪  (おいおい)
「あなたは逃げたりしない・・・そうでしょう?」
アリスもクリスタから離れようとした途端に、同じ運命が待っているのだね。
子と父のために・・・って、え? クリスタのお父さん??
地味~~に・・・怖い。ww







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://suppinndakedo.blog.fc2.com/tb.php/49-a6a7852e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。