すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤの国のアリス ~ エース 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


ダイヤの国のアリス





*エース (CV:平川 大輔 さん) 感想  

s-11.jpg


 エースも攻略対象では無いので、エリオットルートから派生させました。


ダイヤの国で登場するエースは、90%くらいが子供Ver. んで、赤くない。
しかも、攻略対象じゃないので、ENDにちょこっとKissシーンはあるけれど、全体的に軽いって言うか、エース独特の“黒甘い淫靡感”は劇的に薄い。www

エースと言えば、アリスクラスタの皆さんがエースを呼称する『 卑猥様 』、大好きなんですよ!
もう、何て的を得てるんだ~♪
この呼称、素敵過ぎる♪♪♪

あと、エースが長剣の柄を口元にあてて考えている姿も大好き♪
絶対にいい事考えてないところが!www

と言う訳で、今回はあまり『 卑猥様 』の本領発揮がなくて残念なんだけど、ジョーカーsと共にあちこちのAnother ENDに出現し、謎を撒き散らしていらっしゃる。


ダイアリでのエースは、墓場+美術館の居候。
ユリウスがどこかで拾って来て(これもびっくりな事実ですよねー)、今はユリウスの庇護下にある。


子供エースもご多分に漏れず、しょっちゅういなくなる。
遂に「行方不明期間記録」を更新したため、他領土にまで協力してもらって捜索することに!

駅からはボリスが参加。
「おにごっこ? かくれんぼ? 楽しそうだね!」  ♪♪♪ボリス可愛い♪♪♪ 
エース < 遊び  ・・・だよねっ♪

城からは、なんとクリスタ直々にご参加。
「久しぶりに狩りが楽しめそう。」
え・・・獲物ですか?

帽子屋からは双子が参加したけど、結局見つからずに解散~。
残念がるクリスタ、なかなか見つからないエースを「希少動物」として認定、コレクション候補に!
レアキャラだもの、「次こそ狩ります!」
やっぱり獲物ですよね。www



この子供エースが、大人Ver.とかなり違う。
ん~、違うように見えるだけ・・・か。
大人エースは、笑顔と爽やかさという仮面を被って、その本質を覆い隠しているんだと思う。
そして時々、その仮面の隙間から漏れてしまう本当のエースが、背筋をぞわぞわっとさせる。
だけど、子供エースはまだ仮面を被っていないので、全てがストレートに見えている気がする。
アリスが、子供のエースを見ていると大人エースを補完出来るような気がするって言うのも、そんなところからなのかなぁ・・・。


エースは自分のルートより,ジェリコルートで多くを語っているのですねぇ。
ダイアリのエースは、余所者から不思議の国の住人になったばかりで、でも住人になりきれずに苦しんでいる。
「役」を持つと言う事は、ルールに縛られ、時間のループの中に埋没して自分を薄れさせてしまうこと。
子供エースは自分じゃないものになってまで、不思議の世界に留まるのは醜くて無意味だと思っていて、役持ちになることを拒んでいる。

大人のエースも、役なしになりたがっていたし、「騎士」という役を得ても、それを振り切りたくて、ユリウスの元で「処刑人」としての別の自分を作っている。
でも、住人になった・・・と言う事は、元の世界には帰らないと決めたという事。
そして大人のエースが役持ちになったという事は、何らかの選択をしたと言う事。
その辺は、まだ良く分らんです。(^^;;


子供エースと大人エース、どちらもユリウスに執着しているところは一緒なんだけど、子供エースはその執着の度合いがかなり強い。
測量会でアリスがユリウスを連れまわしていると「ユリウスに何をしているの?」と剣を突きつけてくる。
クロアリのユリウスがいなくなった世界では、エースはものすごく不安定だったけど、このユリウス依存に関しては、ユリウスが何処でどのようにしてエースを拾ったのか?という所に大きな鍵がありそうだ。

それと、エースの「ユリウスが特別な存在になったら、殺してしまうかもしれない。」という言葉。
クロアリでも、「ユリウスがもしも特別な存在になってしまい、扉を開けた先にユリウスがいたら、殺してしまうかもしれないな・・・。」と言っていたし。
アリスも恋愛ルートに入った時、本当に特別な関係になったら殺されるかもしれない・・・と感じているように、エースにとって「特別になる」事は、ものすっごく問題。
だから、子供エースもユリウスを遠ざけるかのように、迷子(本人曰く・・・旅)になりまくる!
シドニールートで言われていた「あんたを特別だと思うものが変える」。
迷い続けているエースは、「特別な存在」を作ってしまう事を、恐れ続けてもいるんだろうなぁ。


つか、今回のダイヤの国のアリス、ユリウスとエースの登場回数が、やたらと多くないですか?
それは、「結」への布石?


でも、どうしてエースはダイヤの国に大人Ver.で現れることが出来るんだろう??
どうやって時間軸を越えているんだ??
ナイトメアとボリスなら分るケド。www
あの美術館の最奥にある「展示品」から出入りしているの??
そうだとしたら、エースのくせに迷ってないよなー。(^^;;

もぉぉ~!考えないって思っているのに、考えてしまうではないかー!
謎を撒き散らすエースのせいだ!! 
エースに「首痛いから肩揉んで。」って言ったら、次の瞬間、首が無さそ・・・。


エースENDは2つ。

「もう少し側に END」
⇒ お互いに好きなんだから、付き合おうよ!と盛り上がる子供エースとアリス。
それを聞いていたユリウスが「まだ早い!」と大焦り。
「子育て読本」を取り出して、必死で対応方法をチェック!
やだ、ユリウス、すっかり父ちゃん状態。www

「君がいれば END」
⇒ 川辺でたそがれていると、木の上に大人エースが。
「いないと、探してしまうの・・・。」なんて、アリスがエースに向かって素直な表現をするのって、珍しい出来事だよー。
「苦しんでいる君も好きだから、我慢して。」って、ホントは「苦しんでいる君だけが好き」なんだよね? ね?エース。www






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://suppinndakedo.blog.fc2.com/tb.php/45-30881a44



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。