すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤの国のアリス ~ ブラッディ・ツインズ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


ダイヤの国のアリス




*ディー & ダム (CV:福山 潤さん) 感想  

s-03.jpgs-04.jpg



 双子。帽子屋屋敷門番を務める。その手に持つ斧は、武器でもありアイデンティティー。


 共通プロローグから、アリスが時々ペタちゃんがいない事を寂しく思う場面があるんだけど、その都度、私の心も締め付けられる~~。
ペタちゃん不在によってアリスが感じている辛い気持ちを、こちらにも強制的に植え付ける潜在目的があるのね?そうなのね?
こちらの心を折り、追い詰めるためのシチュは、さらに情け容赦無く進む!

とりあえず、ダイヤの国を一周。
どう考えたって一番平和で(多少)安全で、滞在したいと思うのは「駅」だろう!?
優しいボリス♪と情けないけど包容力のある子供ナイトメアとクールなグレイがいるし♪
でも・・・滞在叶わず。
そして、仕方なく滞在先を求めて彷徨う先々、皆アリスの事を覚えていない上に、警戒心全開。
ほぉぉら、さらに不安が増すのだー。www


さて、ブラッディ・ツインズルート。
帽子屋屋敷の門前。
お約束どおり、速攻、ブラッディ・ツインズに殺されそうになる。
でも、アリスは何故かその斧を避けることが出来た!
その後も、追っ手を置いてきぼりにするくらい早く走れたり、銃弾を避けたり、ビスコッティが突然焼き上がったり・・・。
どれも、知らず知らずに、アリスが時間を操れるようになっているみたいに・・・。
ジョーカーに「歯車のひとつになる・・・?」と訊かれるように、そして皆から「中途半端な余所者」と言われるように、アリス自身が不思議の国の住人の1人になりつつある??

迷っているうちは大丈夫・・・でも、迷わなくなった時は・・・。

ディーとダム、今回はずーっと大人Ver.。
「お姉さん」っていつもどおりに呼んでくれるけど、ちょっとでも怪しい様子を見せたら、すかさず殺してやろうと狙っているところがコワイ。
案の定、途中、選択肢を1つ間違えただけで、即「死亡END」。
そうそう、このWonder Worldは、ホントは元はこうだったんだ。
決してWonderfulなんかじゃなく。
(ちなみにグロ系ヘタレの私は、何を隠そうクロアリの双子狂気ENDを見ておりません・・ww)
ジョカアリ後の、誰からも大切にされて、幸せでのほほん♪と萌え萌えしていたイメージから、叩き落される・・・。

まるで、暗い穴の中に落ちていくように。


でも、一緒に時間を過ごすうち、少しずつ打ち解けてくれるディーとダム。
喧嘩をして、別々の場所にいる双子なんて、初めて見た!!
ボリスに、ふたつ繋がったさくらんぼに例えられていた双子。
離れるってどういう意味を持つんだろう???と、ここでもまたしばら~く考えてました。(だから進まん)


アリスはディーとダムに対して、おまじないのように「中身は子供、中身は子供」と言っているけど、アリスの言葉に騙されてはいけないのだ!
今回の双子、ただ単にストレートに甘えてくるんじゃないんだな~♪
やたら恋の駆け引きに長けてますから♪ www
アリスに「もしかして、好き?」という期待を持たせては、さらっと引き、また期待させては、さらっと引きを繰り返すんだ、これが!!
完全に双子の手の上で踊らされてるし。(^^;;

「怖い夢を見なくなるおまじないだと思って・・・ね?」
「それじゃ、試してみよう?」
この、「・・・ね?」とか「みよう?」とか、もう大人ダムの破壊力ときたら、
ちょぉぉ~っと待て!!
と言いたくなるくらいに危険度大増幅ですっ。www

そして、アリスの「特別」になりたいと思うが故の、双子の嫉妬♪
首絞めちゃうほどの嫉妬♪
美味しすぎー♪

アリスが眠れるまで側にいてあげるという言い訳くっつけてお部屋に来る双子。
ディーとダムがBedの両脇に座り、想いを淡々と語る場面がいい♪
でも! 2人とも 「初めてです告白」
さぁて、ダム、その色気はどこで覚えたのか、話し合おうか。www


しかし、ブラッド、アリスと双子のために大きなベッドを入れてくれたり、挙句の果てに敷地内に新居までおっ建ててくれたり・・・どんだけくっつけたいの?(^^;;

つか、所々で感じる様々な「違和感」
今までのブラッドだったら、隣の部屋をぶち抜いて広げてくれたり・・・はするかもしれないケド、新居を建てちゃったりするだろうか??
いくら面白がっているとしても・・・。
いくら、余裕の無い時期だとしても・・・。
なんか、やり過ぎ感をブラッドに感じる。
私のブラッドのイメージは、優しいけど基本かったるくて、「過度」の無い人。
・・・ま、いっか。


終盤のジョーカーとエースの場面については、もう少し他ルートを見てから考えたいと思います。www



ブラッディ・ツインズルートだけで、なんとENDが7つ?!
えー、「BEST END」だけでいいから、残りをボリス恋愛ルートに充ててく・・・むにゃむにゃ。

「死亡 END」 ⇒ 使用人に撃たれて終わり
「BEST END」 ⇒ 名前で呼んで♪END
「さぼり仲間 END」 ⇒ ディー&ダムと3人で公園でのんびりEND

「孤島 END」 
⇒ 双子と3人で汽車に乗って海辺へ。
アリスシリーズでの「海」は、いつもちょっとワケ有り。
またやっかいな場所に来てしまったもんだ。www

別の汽車でボリスとナイトメアとグレイが♪
「ナイトメアの療養」との建前だけど、汽車に乗ってしまったアリスを、双子では繋ぎきれないと思って心配で追いかけて来た??
ホント、駅組は皆優しい♪
駅に滞在させてくれー!

「3人で遊園地 END」
⇒ ディー&ダムとの3人かと思ったら、なんとユリウスと大人エースと3人でハートの国の遊園地に♪
しかも、ユリウスもエースも、ハートの国にいる時の仲良しのままで。
ぶっきらぼうだけど優しいユリウス、3人で一緒に居る事が嬉しいエース。
何故、突然、ここ(遊園地)に?
「アリスが戻りたい場所」は、ここ(ユリウスとエースと3人でいること)なのかなぁ。

「3人で夜のキャンプ END」 
⇒ これもディー&ダムではなく、ユリウスと大人エースと3人で森の中でキャンプ。
箱アリの学園パロを彷彿とさせるキャンプ風景。
天然記念物みたいな鳥を、焼いて食べちゃいましたっけね~。www
これも、アリスにとっての安らげる「場所」?
でも、最後にエースが「おまえがいないと、まともに休むことすら出来ないんだ・・・。」って!
いつも必ず「君」って呼んでいたエースが「おまえ」呼ばわりをするって???
どうして「おまえ」なの???
はい、これも宿題ぃ。(^^;;

「白うさぎ END」 ⇒ これは制限がかかっているとの事・・・。 ちっ。
とことん私にペタちゃんに会わせないつもりだな!






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://suppinndakedo.blog.fc2.com/tb.php/32-d209ee57



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。