すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤの国のアリス ~ シドニー END 感想 
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


ダイヤの国のアリス





*シドニー (CV:鳥海 浩輔さん) 感想  その2


s-06.jpg



シドニーのENDも7つ。
だから、BESTだけでいいから、残りをボリスの攻りゃ・・・。 ← 投石禁止


「BEST END」 
⇒ 君のためだけにケーキを作るよEND。
労いのお茶会で、ケーキの「オペラ」を作ってくれたのは、なんとシドニーだったんだ!
お料理上手は、ボリスに次いで2人目♪
(野趣料理のエースを入れるべきか、深慮ちゅう)


「籠の中のうさぎ END」 
⇒ シドニーとお揃いの服を着させられて、クリスタの部屋に軟禁。
ウサギよ増えろEND。 うぇぇ・・・やっぱり、クリスタ怖いぃ。


「上司と部下 END」 ⇒ クリスタの気紛れで、シドニーの直属の部下に


「白の檻 END」 ⇒ ホワイトさんVer.
汽車で辿り着いたのは、氷の洞窟。
「やっと捕まえた。」 来ちゃいました、捕まえた発言・・・。
氷の棺の中で眠りにつくEND。
このENDとか、フツーに「結」のENDにあってもおかしくないですよねぇ・・・。


「黒の王座 END」 ⇒ ブラックさんVer.
ブラックさんが王座に座る寒々しい黒の空間。
黒いワイングラスの液体を口移しで飲まされる・・・。
「おまえがこの国の王になるまで、何度も繰り返せばいい。早く俺の敵になれよ。」
この国の王?  ・・・まさか、スペードの国??
俺の敵って何???
はい、もう訳分かりません!
ギブアップで~す。(涙)


「葬式 END」 
⇒ 雨の中、棺おけに泣きながらすがりつく姉の姿。
「あれが君がなりたかった姿だ。」
思いっきり泣けていたら、アリスはここまで思い詰めないでいられた?
そして最後の、墓石に刻まれた名前は・・・。
アリスは自分が亡くなって姉に泣き崩れてもらう、現実とは逆の立場を望んでいる??


「白うさぎ END」 (ブラッディ・ツインズVer.も見ました♪少しずつ違うんですね)
⇒ 自分の帰る場所は、やっぱりペーターだと気付くアリス。
そうだよ!!絶対にペタちゃんの元だよ~。
扉の森を歩き、ペーターへと続く扉を探す。
アリスが自分で扉を開けるのは初めてですよね、塔でナイトメアに導かれて開けた事はあったけど。
・・・ドキドキするぅ・・・。
扉を開け、差し込む明るい光の先には、優しく微笑むペタちゃんの姿が!!!
「おかえりなさい。」

世の中のペタちゃんを愛する乙女の皆様、どうして「おかえりなさい。」のVoiceが無いのか?!肩を抱き合って泣きましょう!

(ダイアリを終えたら、アニアリ・クロアリ・ジョカアリのシーン回想を全部見るからいいさ!と心に決めた一瞬であった・・・)












スポンサーサイト

Ariard - 少年アリス  D 感想
R18のBLゲームであり、また、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!
しかも、今回はかなり文句たらたらです。ご注意を。


Ariard – 少年アリス 





 Ariard – 少年アリスを始めました。
未だ「D」のみクリアですが、う~~ん・・・。
すっごい楽しみにしていたのですが、う~~ん・・・。

最初、攻略サイト様を頼らずに特攻してみて、速攻BAD ENDへ突入しました!www
そこで、攻略サイト様を探したのですが、発売3日目にして、ちゃんと攻略サイト様があった!!
凄い~♪凄過ぎる~♪
攻略サイト様、ありがとうございます。(拝)


大まかなストーリーは、身の上に苦悩を抱える“有純くん”が突如現れた白兎に捕まって、地下の国へと連行される。
そこは不思議の国で、皆が有純を「アリス」と呼ぶ。
不思議の国には王と女王がおり、統治している。
王が女王に「力」を注ぐことで女王の不思議の国への影響力を発揮させ、国を統治しているが、現女王の力が弱まっており、代替わりをしないと不思議の国は消滅する危機にある。
有純は、実は幼少の頃、一度不思議の国へ落ちて来ていて、皆と仲良くなり、王と女王に対して
次期女王になる契約を結んでいた。
(女王なんだけど性別関係無しwww んで、この時の名前の聞き違いでアリスと呼ばれている)
その時期になるまで地上の生活へ戻されていたが、次期女王となるために不思議の国へと連れ戻された。


*D(CV:山口 知大さん) 感想

s-bn_d3.jpg


 ディーとダムの双子。当初は、双子自身が「2人でひとつ」と思っているので、自分達を“D”と呼んでいる。

ん~、子供なんですよ、Dは。(^^;;
しかもぉ、ストーリー全体の半分くらいがR18関連で・・・。
BLゲーはストーリーが厚いから面白くて、R18シーンは装飾品くらいに思っているもんで、このゲームはR18シーンを見るためのゲームみたいで、かなり興醒め・・・。(涙)

肝心のストーリーも???で・・・。
一身上の苦悩を抱えているのに不思議の国に来てしまったアリスが、元の世界へ帰りたいと必死に逆らうんだけど帰れない。
不思議の国の次期女王なので、「王」を選ばなければならず、その「王」になる人から「力」をもらわないと生きていかれない。
その「力」というのが、小瓶に入っている薬で、なんとそれが思いっきり「媚薬」なんですねー。(^^;;
んで、全然納得出来ていないのに、それを無理矢理飲まされてR18シーンへ・・・の繰り返しなのでございます。
なので、GOOD END直前までずぅぅっと無理矢理なのですなぁ・・・。
んで、GOOD ENDでやっとD達と心を通わせて女王になっているんだけど、フツー、ここからだろ?って感じでー。(^^;;
後半、アリスをめぐって双子が対立してしまうんですが、その双子の気持ちの機微も、あっさり・・・。
しかも、一身上の苦悩はどこへぇぇ~?!


ん~、しかも、子供なんですよ。(何度も言うが)
BAD2個とGOOD ENDでは、Dは青年姿になるんですけど、最初から青年でお願いしたかったぞ!と。
しかも、双子と言う事で、お察しの早い乙女様はピーンと来ていると思いますが、まさしく3Pとにりんざし有りで。
う~ん、ショタ系が大変苦手なやつと致しましては・・・無理ぃぃ。

それから、BADがやたら多くて、7つほどあって、触手BADもあって、ううう・・・。
絵が綺麗(しかも、すごいリアル)なだけに、ううう・・・。

DのBADが1つ拾えてないみたいなんですけど、もうこれ以上は無理や・・・と判断し、他の対象へ移ることに。(^^;;
そうですね・・・ちょうど DIABOLIK LOVERS と同じ類の疲労感とでも言いましょうか。


他の対象は、白兎が野次馬根性さん♪、Mad Hatterは四谷サイダーさん、チェシャ猫が石川ゆうすけさん、ジャックが髭内悪太さん、そして今まで存じ上げなかったのですが、王が河村眞人さん。
この王様がいいお声で、しかもちょっと病み系で♪
隠しがいるとの事で、ジャックか王様がええな~♪と思っていたのですが、違いました・・・。

なので、他の対象なら、もう少し楽しく進めるのかなぁ??と淡い期待を抱いております。
楽しく進めなかったら、わわわわわーっと終らせて、大正メビウスラインに突入しますっ!








BLACK WOLVES SAGA-Last Hope- ~ ラス 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-





*ラス(CV:梶 裕貴さん)感想


s-01_rath180_150.jpg



狼種の隻眼の少年。アルルの弟。


やっと狼種ルートに突入。
ラスがメインキャラだと思い込んでいたんだけど、ラスクリアでアルルルートが開くということは、アルルがメインなんですね。
題名も「黒い狼の伝説」ですしね。 そっか。


ラスは純粋で透明感があるんだけど、常に苦悩に苛まれていて運命に押し潰されそうで辛い。
そのため、ひたすら暗い。
そのため、ひたすら雰囲気、重っっ。
でも、主人公に果物を剥いて食べさせてあげた時、汚れてしまった主人公の口元を舐めてきれいにしてあげる場面、意図無くやった雰囲気を装って、実は思いっきり確信犯っていうところが、やっぱりラスも男じゃん!って、ある意味ほっとした。www


つか、ラスも可愛いんだけど、やっぱりギラン(CV:谷山 紀章さん)でしょ!!

s-icon10giran.jpg

何この子、可愛いぃ~~。
どよどよぉぉ~んと暗いストーリーの中で、ギランのシャウトがいい味出してる♪と思っていたんだけれど、狼種ルートに入ってさらに存在感が光る♪
「~んだけどォ!」っていう、常に拗ねたような言い方が、むちゃ可愛い♪

主人公を齧ってみようと思って勝手に実力行使に出てしまい、ラスに見つかってアルルにチクられ、アルルから猛然とお説教を受けた夜、主人公の部屋に来るギラン。
何しに来たの?と聞かれて「・・・謝りにィ。」ますます拗ねてる♪
そして、入っていいという許可への返事が「ン。」
この言い方が・・・大好きだ!!
紀章さん、GJ!!

そして、お詫びにと1枚のクッキーを、ぐいっと主人公に差し出すんですよね~♪
いいとこあるじゃん!と思ったのに、それを食べて太ったら齧らせろよ!って・・・。
私のお腹のお肉で良かったら、全部どうぞ!! ←誰もいらねー


あ・・・ラスだった。
子供の頃に両親と姉を失い、仲良くなった友達とは敵対してしまい、ずっとメヨーヨとオージェへの復讐を胸に生きてきたラス。
でも、狼種と他種族との殺し合いの悪循環には、どうしても納得出来ずにいた。
ラスルートにはきれいな風景が何度も出てくるけど、それはラスの純粋さを表しているんだろうなぁ~。


ラスのBAD ENDは、オージェに右目をレイピアで貫かれた挙げく、殺されるEND。
この場面もCERO Dはこのせいか?!っていう場面ですねー!
目ぇ刺すとか、割と無理・・・。(滝涙)
だから、BNの方がもっと凄いって、世の中の乙女の皆様、よくぞコンプされましたね!?
尊敬するぅぅ・・・。
「咎狗の血 PC版」でも、ここまでぢゃなかったよ・・・。


GOOD ENDでも、オージェに右目を貫かれる!!
えぇぇ?BADと選択肢間違えた???と半ベソで進んで行くと、二人ともなんとか助かって生き延び、子供も生まれて幸せな家庭を築いているEND。
ラスは視力を失ってしまったけど、ラスの純粋な心と家族達が、ラスの視力となっているんだな・・・と思った。


う・・・それにしてもギラン、終盤、影薄っ。







ダイヤの国のアリス ~ シドニー 感想 
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


ダイヤの国のアリス




*シドニー (CV:鳥海 浩輔さん) 感想  その1

s-06.jpg


ロップイヤーの黒うさぎ。ダイヤの国の宰相を務めている。


 プロローグで、ダイヤの国に踏み込んだ時の初遭遇がうさぎ型シドニー。
わ♪ 黒うさぎ、可愛・・・。
えぇい!うさぎ型でも、ペタちゃんの方がずーっと可愛いし!!
と、思いっきりやつ当たり状態でスタート。 ←むなしい抵抗ということで


ストーカー ペタちゃんとは、180度違う態度のシドニー。
怖い冷たい意地悪陰険・・・ 「耳の長い黒い悪魔」 クリスタその表現、GJ!
アリスが胡散臭くて面倒で仕方無かった・・・くせに、割と早めに絆される。www
なのに、態度はいつまでもそっけないんだ、これが。

「気に入らないんだ。君がこの美しくもない黄色やら白やら白やら白の花の真ん中で笑っている姿が!」
「置いておくほうが嫌だったんだよ。白薔薇の中になんて。」
ペタちゃんへの嫉妬と対抗心♪
必死すぎて、ちょっと可愛い♪
でも、ペタちゃん大好きな私と致しましては、「だーかーらー、ペタちゃんには勝てないの。」と、憎まれ口を叩かざるを得ない。←むなしい抵抗は続く


「あんたはそのうち余所者じゃなくなる。あんたを特別だと思う奴が変えるんだ。」
そっか、やっぱりこのままだと「余所者」じゃなくなり、不思議の国の一員に吸収されるんだ。
それは、アリスを特別だと、そしてアリスもその人を特別だと思う人が出来て、不思議の国に居ることを完全に決めた時に。


街の本屋さん。
ばったり出会ったのは・・・グレイ?!
似合わねー、暗殺者、本屋さん、似合わねー。
しかも、グレイの手には、「家庭の医学・子供版」。
もう、すっかりお母さん化してるよ♪
そのうち、お料理の本とかも買っちゃうんだ、きっと。www


部屋に戻ると、突然後から羽交い絞め!
来た!! シドニー、部屋に不法侵入・・・。
「どう?白うさぎより上手く入れた?」
いや、不法侵入+後から羽交い絞めのパターンは、どちらかと言うと、エースかブラッドだから。www
ペタちゃんは、いつ何時でも、正々堂々入って来ますー♪ (それもどうかと)

アリスの心臓へ人差し指を向けて「ここにいっぱつお見舞いして、あいつを消してやりたいな。そんなくだらない事を考えただけ。」
またまたペタちゃんへの対抗心♪
でも、必死なのバレバレなのに、「そんなくだらない事」と意地を張り続けるシドニーも可愛いけど♪


クリスタの悪戯で捻挫してしまったアリスの足に、Kissをするシドニー。
暗黙の服従の姿勢でしょ、それ♪
シドニーってサウスポーなんだ~@治療中
気になるのに、心配なのに、嫌な顔して冷たい言葉を浴びせつつ・・・愛情表現だだ漏れなんて。
素直じゃないなー、ホント。
アリス、お互い様なんだから、気持ちは分るが蹴るのはやめよう。www


グレイとまた本屋さんで会って、一緒に公園へ。
悩みを持つもの同士のおしゃべり中、噴水の先に人影・・・?
おいおい、シドニー、ついにストーカー化?
でも、同時に現れたのは、大勢の暗殺者。
シドニーは、狙われていたアリスを見守るために来てくれていたんだ~!
クリスタやシドニーに恨みを持つ者が、2人の大切な人を傷つけることで恨みを晴らそうとしている・・・って、外から見ても、アリスは2人にとって大切な存在と分るんだな。
アリスを庇い、シドニーとグレイが暗殺者に対抗する!
お互いに背中を預けながら応戦するスチルが・・・かっこいい!!!うきゃ♪


「・・・うさぎになって。」というアリスのお願いに、躊躇するシドニー。
「・・・ペーターなら、すぐになってくれるのに。」
アリス、GJ!言ってやれ言ってやれ!!www
で、うさぎ型になるシドニー。
ベッドで一緒に寝ていても、どうしても気になっちゃう。
「白うさぎとも・・・こんなことしていたのか?」
ペーターへの嫉妬がうさぎ全般へ拡大!
「焼きもちじゃないのね。ライバル意識を持つ相手が白うさぎから全うさぎに広がっただけで。」
「・・・他の生き物もだめだぞ。」
他の生き物って。www
なにこの言い方!
か・・・可愛い♪ ←抵抗危うし


汽車の中。
アリスを捕らえようとしたホワイトさんを、何とブラックさんが斧で切りつける?!
「裏切るのか?」「裏切るに決まっているだろう。」
えぇぇ?!
ジョーカーsとアリスの汽車が切り離される。
でも 「時間稼ぎに過ぎない。」
戻ったホームには、切られたはずのホワイトさん!
何故ぇ?
ジョーカーs、再生能力高すぎ!(^^;;

そこへシドニーが迎えに来る。(ジョカアリを思い出しますなぁ・・・BGMも再生中)
ここでもシドニーは、「君はいつかあいつのところに・・・戻りたいと思っている、そうだろ?」
はい!戻りたいですっ!!いつかぢゃなくて、今すぐ!!


シドニーには、昔、家族に捨てられた過去があった。
左右の瞳の色が違うという理由で。
不完全な故に捨てられた自分。
だから完璧を求め、誰より優秀で必要とされる存在でありたいと思うと同時に、捨てられる事への恐怖を拭いきれずにいる。

「役持ちは皆同じ。根幹の部分、そしてこの世界の住人である理由。強い願いを持った過去が共通している。」
「役持ちは皆、『時よ止まれ。』と強く願った事がある。」

役持ちそれぞれの「時よ止まれ。」と願った過去・・・。
・・・重そう。


美術館一番奥の展示は、「会いたい人に会える」。
今のアリスにとっての会いたい人って、誰だろう・・・?
途中で出会った子供エースはアリスをそこへ導こうとするが、直前で大人エースが止める。
(この止めてくれるシーンは、エースVer.とユリウスVer.があります)
そこへやっぱりシドニーが迎えに♪ お約束♪
本物の展示を見られなくても、それを邪魔しに来てくれる人、そして迎えに来てくれる人がいること・・・それが本当の意味。

「信じるまで、裏切らないで。」
不安を虚勢というベールで覆っているシドニーには、精一杯の気持ちなんだろうなぁ♪


長くなり過ぎたので、EDは次回へ♪











ダイアリ弱音と青の祓魔師と今後の予定なんぞ
戯言 第1弾

ダイアリに弱音を一発。www

ダイアリ、ブラッド+ボリスを残すだけまで来たんですけれど、謎が謎を呼ぶわ、Another ENDが飛び交うわで、不思議の国の世界観やひとつひとつの意味を考えて考えて考えすぎて、首の後が痛くなってきたぁ~!(^^;;
どぉぉぉして、乙女ゲームして、首を痛くしとんじゃぁぁぁ、私!

アリスシリーズって、謎について考えさせる甘い罠が仕掛けられまくっていますよねぇ。

その甘い罠に嵌りまくってplayしていたのですが、世界観とか謎とかをじ~~っくり考えるのも楽しいっちゃー楽しいのですが、私にとっての乙女ゲームの本来の意味である、好きなキャラの好きなお声にほげほげする・・・から見事に脱線してるぜ!・・・と気付きましてん。(今更?今頃?)

なので、感想記事も、肩の力を抜いて、ほげほげ全開で行こう!って思ってます♪
たまにちょっと考えたりしますケド。
ボリス大好き♪ペタちゃんカムバーック!の雄叫びで終りたい。www



tree1_04.gif   汽車には乗らない・・・♪



戯言 第2弾

青の祓魔師(エクソシスト)劇場版を見て来た♪


やっと青の祓魔師(エクソシスト)劇場版を見に行けた~。
水曜日は、Lady's Dayだからね。ww

友達に一緒に見に行こうよぉぉ~と誘ったら(この辺りまでは素性がバレているww・・この辺りまでは大丈夫ww)「や。」と言われた・・・。 ← 危険な空気を察して、逃走体制に入っている
ふん!一人で行ったわい。

劇場版も、すっごく面白かったぁ!
大好きな雪ちゃん(CV:福山 潤さん)は変わらず生真面目で一生懸命で。ww
さすがに燐(CV:岡本 信彦さん)は主役だけあって、今回はずっと恰好良かった。

岡本さん、鐘シンや十鬼の絆などのCVでもお声は聴いているけど、やっぱり燐の時が上手い!
燐の時は飛び抜けて上手だよな~。

DVD出たら、絶対に買お♪



戯言 第3弾

とりあえずの今後の予定を考えてみた。


《 積み 》

ラッキードッグ1
STEEL!
大正メビウスライン  


《 購入予定 》

Ariard-少年アリス-  1月25日
OZMAFIA!  予約してあるけど発売延期&未定・・・どうなるんだー?
DRAMAtical Murder re:connect  4月26日
神様(仮)学園騒乱編  5月24日
神様(仮)路地裏繚乱編 5月24日
華アワセ 姫空木編   未定
華アワセ 唐紅/うつつ編   未定
ラッキードッグ1+bad egg   未定
東京陰陽師   未定
フロンティアゲートBoost+  未定
No !Thank you   未定



え?
積みと購入予定合わせて14本中、10本がBLって・・・。www
そして13本がPCゲーム。
やっぱり、PCゲームの方が、シナリオが厚くて面白いんだよなぁ~~♪



戯言 第4弾

『DRAMAtical Murder re:connect』の第1弾PV公開と店舗別予約特典のお知らせが出始めましたね!!

うきゃぁぁぁ~~♪

ノイズ、心から楽しみにして、お待ちしております♪
春は、まだとおい・・・・・・・・。









BLACK WOLVES SAGA-Last Hope- ~ エルザ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-




*エルザ 感想(CV:岸尾 だいすけ さん)

s-icon9elza.jpg


ライオンくん。
ウェブリン グライフリッター騎士団の副官。ネッソを尊敬し支えている。

再び家族ルート。
Skip機能、ありがとうー!!


エルザルートでは、他では全部甘やかされて大好き攻撃を盛大に受け入れている主人公が、自分からイケイケで仕掛けていくのが面白かった。
また、エルザがうすうす分かっているくせに、のらりくらりとかわすんだ、これが。

主人公、何も知らないような可愛い顔して、実はかなりの策略家&演技派だよなぁ。
宿屋で夜に「怖くて眠れないの・・・。」な~んて言ってエルザの部屋に行くところなんて、完っっ全に仕掛けてるだろう!!www
逆巻ライトくん!ここに『潜在型ビッチちゃん』がいますっっ!!


エルザルートでは、ネッソの嫉妬が良かった♪
嫉妬で取り乱す様子なんて、GJ!
エルザ BAD ENDでは、そのネッソに攫われて二人で逃亡の末、山小屋軟禁END。
ドアがちょっとずれていただけで取り乱すお兄ちゃん・・・。
「絶対に・・・逃がさない。」
・・・もっと、もっと壊れよう!!


エルザ GOOD ENDでは、そのネッソが命を投げ出して、主人公とエルザを逃がす。
ネッソ不憫。
でも、妹が他の男、しかも親友に取られるのを、これから先ず~っと見続けなければならないくらいだったら、命なんて惜しくなかったのかもなぁ。
「なんでエルザなんだ!!」って、かなり拘ってたし。
妹を守るためだけの行動だった訳じゃなく、命なんてもういらなかったのかも。


ところで、CV担当の岸尾さん、「神学校」のセシルですよね?
ホントに凄い!!!ホントに凄い!!!ホントに凄い!!!
同じ方だとは絶対に信じられない。
凄すぎるぅ~♪
こういう所に、ものすっっごい感動を覚えてしまうんです・・・ワタシ♪








ダイヤの国のアリス ~ ブラッディ・ツインズ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


ダイヤの国のアリス




*ディー & ダム (CV:福山 潤さん) 感想  

s-03.jpgs-04.jpg



 双子。帽子屋屋敷門番を務める。その手に持つ斧は、武器でもありアイデンティティー。


 共通プロローグから、アリスが時々ペタちゃんがいない事を寂しく思う場面があるんだけど、その都度、私の心も締め付けられる~~。
ペタちゃん不在によってアリスが感じている辛い気持ちを、こちらにも強制的に植え付ける潜在目的があるのね?そうなのね?
こちらの心を折り、追い詰めるためのシチュは、さらに情け容赦無く進む!

とりあえず、ダイヤの国を一周。
どう考えたって一番平和で(多少)安全で、滞在したいと思うのは「駅」だろう!?
優しいボリス♪と情けないけど包容力のある子供ナイトメアとクールなグレイがいるし♪
でも・・・滞在叶わず。
そして、仕方なく滞在先を求めて彷徨う先々、皆アリスの事を覚えていない上に、警戒心全開。
ほぉぉら、さらに不安が増すのだー。www


さて、ブラッディ・ツインズルート。
帽子屋屋敷の門前。
お約束どおり、速攻、ブラッディ・ツインズに殺されそうになる。
でも、アリスは何故かその斧を避けることが出来た!
その後も、追っ手を置いてきぼりにするくらい早く走れたり、銃弾を避けたり、ビスコッティが突然焼き上がったり・・・。
どれも、知らず知らずに、アリスが時間を操れるようになっているみたいに・・・。
ジョーカーに「歯車のひとつになる・・・?」と訊かれるように、そして皆から「中途半端な余所者」と言われるように、アリス自身が不思議の国の住人の1人になりつつある??

迷っているうちは大丈夫・・・でも、迷わなくなった時は・・・。

ディーとダム、今回はずーっと大人Ver.。
「お姉さん」っていつもどおりに呼んでくれるけど、ちょっとでも怪しい様子を見せたら、すかさず殺してやろうと狙っているところがコワイ。
案の定、途中、選択肢を1つ間違えただけで、即「死亡END」。
そうそう、このWonder Worldは、ホントは元はこうだったんだ。
決してWonderfulなんかじゃなく。
(ちなみにグロ系ヘタレの私は、何を隠そうクロアリの双子狂気ENDを見ておりません・・ww)
ジョカアリ後の、誰からも大切にされて、幸せでのほほん♪と萌え萌えしていたイメージから、叩き落される・・・。

まるで、暗い穴の中に落ちていくように。


でも、一緒に時間を過ごすうち、少しずつ打ち解けてくれるディーとダム。
喧嘩をして、別々の場所にいる双子なんて、初めて見た!!
ボリスに、ふたつ繋がったさくらんぼに例えられていた双子。
離れるってどういう意味を持つんだろう???と、ここでもまたしばら~く考えてました。(だから進まん)


アリスはディーとダムに対して、おまじないのように「中身は子供、中身は子供」と言っているけど、アリスの言葉に騙されてはいけないのだ!
今回の双子、ただ単にストレートに甘えてくるんじゃないんだな~♪
やたら恋の駆け引きに長けてますから♪ www
アリスに「もしかして、好き?」という期待を持たせては、さらっと引き、また期待させては、さらっと引きを繰り返すんだ、これが!!
完全に双子の手の上で踊らされてるし。(^^;;

「怖い夢を見なくなるおまじないだと思って・・・ね?」
「それじゃ、試してみよう?」
この、「・・・ね?」とか「みよう?」とか、もう大人ダムの破壊力ときたら、
ちょぉぉ~っと待て!!
と言いたくなるくらいに危険度大増幅ですっ。www

そして、アリスの「特別」になりたいと思うが故の、双子の嫉妬♪
首絞めちゃうほどの嫉妬♪
美味しすぎー♪

アリスが眠れるまで側にいてあげるという言い訳くっつけてお部屋に来る双子。
ディーとダムがBedの両脇に座り、想いを淡々と語る場面がいい♪
でも! 2人とも 「初めてです告白」
さぁて、ダム、その色気はどこで覚えたのか、話し合おうか。www


しかし、ブラッド、アリスと双子のために大きなベッドを入れてくれたり、挙句の果てに敷地内に新居までおっ建ててくれたり・・・どんだけくっつけたいの?(^^;;

つか、所々で感じる様々な「違和感」
今までのブラッドだったら、隣の部屋をぶち抜いて広げてくれたり・・・はするかもしれないケド、新居を建てちゃったりするだろうか??
いくら面白がっているとしても・・・。
いくら、余裕の無い時期だとしても・・・。
なんか、やり過ぎ感をブラッドに感じる。
私のブラッドのイメージは、優しいけど基本かったるくて、「過度」の無い人。
・・・ま、いっか。


終盤のジョーカーとエースの場面については、もう少し他ルートを見てから考えたいと思います。www



ブラッディ・ツインズルートだけで、なんとENDが7つ?!
えー、「BEST END」だけでいいから、残りをボリス恋愛ルートに充ててく・・・むにゃむにゃ。

「死亡 END」 ⇒ 使用人に撃たれて終わり
「BEST END」 ⇒ 名前で呼んで♪END
「さぼり仲間 END」 ⇒ ディー&ダムと3人で公園でのんびりEND

「孤島 END」 
⇒ 双子と3人で汽車に乗って海辺へ。
アリスシリーズでの「海」は、いつもちょっとワケ有り。
またやっかいな場所に来てしまったもんだ。www

別の汽車でボリスとナイトメアとグレイが♪
「ナイトメアの療養」との建前だけど、汽車に乗ってしまったアリスを、双子では繋ぎきれないと思って心配で追いかけて来た??
ホント、駅組は皆優しい♪
駅に滞在させてくれー!

「3人で遊園地 END」
⇒ ディー&ダムとの3人かと思ったら、なんとユリウスと大人エースと3人でハートの国の遊園地に♪
しかも、ユリウスもエースも、ハートの国にいる時の仲良しのままで。
ぶっきらぼうだけど優しいユリウス、3人で一緒に居る事が嬉しいエース。
何故、突然、ここ(遊園地)に?
「アリスが戻りたい場所」は、ここ(ユリウスとエースと3人でいること)なのかなぁ。

「3人で夜のキャンプ END」 
⇒ これもディー&ダムではなく、ユリウスと大人エースと3人で森の中でキャンプ。
箱アリの学園パロを彷彿とさせるキャンプ風景。
天然記念物みたいな鳥を、焼いて食べちゃいましたっけね~。www
これも、アリスにとっての安らげる「場所」?
でも、最後にエースが「おまえがいないと、まともに休むことすら出来ないんだ・・・。」って!
いつも必ず「君」って呼んでいたエースが「おまえ」呼ばわりをするって???
どうして「おまえ」なの???
はい、これも宿題ぃ。(^^;;

「白うさぎ END」 ⇒ これは制限がかかっているとの事・・・。 ちっ。
とことん私にペタちゃんに会わせないつもりだな!








拍手をありがとうございます♪
拍手を送ってくださいました皆様、ありがとうございます♪

一緒に笑って頂き、楽しい気持ちを共有して頂けたら、とっても嬉しいですっ!

また、是非遊びにいらしてくださいね~!


BLACK WOLVES SAGA-Last Hope- ~ メヨーヨ & オージェ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-



*メヨーヨ(CV:櫻井 孝宏さん)& オージェ(CV:吉野 裕行さん)感想


s-02_mejojo180_150.jpg s-03_auger180_150.jpg


やっと家族ルートを離れて猫ルートへとやって来ました!



そして・・・見ぃ~つけたっ♪
やっと私が好きなお声を・・・それは、ユリアン(CV:細谷 佳正さん)♪

s-icon11yurian.jpg

CV担当の細谷さんって、「白樺の檻」の悪路王?!
おおお!全然雰囲気が違うぅ!
悪路王は、どうして攻略出来ないんだ!!コールがすっごく多かったですよね。www
いいお声でしたもん♪
そうか~、そうなのか~♪ ←やたら納得
ユリアンいいよ~~!頑張れそうだ!!
んで?攻略・・・・・・・って、えぇ?!攻略対象ぢゃ・・・ない?
・・・それって、私に対する挑戦ね・・・。(号泣)



メヨーヨは第二夫人の子供で、小さい頃に母親を亡くし、何もかもが手に入らない立場から、自分の力で戦い奪って手に入れて来た。
こだわりなど無いような表情を作っているけど、心の中は執着心やいろいろな欲で乱されまくって生きて来たんだろうな。

かたや双子の弟、オージェ。
あらゆるものを見下していて、遊びの延長線上。
しかし、実は全て自分が操っていると思っている。
確かに勘は鋭いし、状況を読む力は半端じゃない。
それって、実力はあるのに実権を握れない立場への苛立ちが、そうさせているのか・・・?

Extra Voiceでだったっけ・・・オージェが「僕の力を、君がいい方に向かわせてくれれば良かったのに。」みたいな事を言うんですよね。
うん、ホントにそれが出来たら、きっと180度違った未来があっただろう!
兄のメヨーヨを慕っているように見えて、実は目の前に立ちふさがるあまりにも大きな壁だったんだろうなぁ・・・。


BAD ENDは、それぞれが助からないEND。
でもメヨーヨのBAD ENDでは、オージェが、助けてもらったくせに主人公を塔ごと火炙りに!!
さらにオージェ、自分のGOOD ENDでは、助けてもらったけど、一酸化炭素中毒で脳障害を起こして(そこまで具体的に言ってないwww)赤ちゃんの様に退行して主人公に世話を焼いてもらっている・・・ように見せかけて、実は脳障害でも何でもなく、全部分かってて故意にやっているなんて!!
こいつ、なんて奴!!!

吉野さんは「アルカナ・ファミリア」のデビトでの「バンビーナ」呼びが大好きだったので、オージェの「ブチャイクちゃん」呼びも、まぁいいかなと思っていたのだけれど、しかしオージェは救いようが無いなー。
もしやこいついい奴?って思わせる場面、一切無しだし。
ま、潔いか。


メヨーヨのGOOD ENDでは、狼種との戦いで傷つき、全てを失った中で見出した主人公と過ごす平穏な時間。
いろいろな呪縛から解き放たれたメヨーヨ。
何も無い状態から足掻き、あらゆる物を手に入れたけど、得られなかった愛と平穏。
それが全てを失った時に得られるとは・・・。
こうならなければ心の平穏は来なかったとすると、哀しい運命だな。

つか、主人公が、森の中で倒れているメヨーヨとオージェを思いっきり見捨てて辿り着くENDが、このルートでは一番好き♪
こいつら、助ける事無いよ! 放置放置! ← 鬼



Extra Voice の動物語尾Ver.は、もちろんユリアンですよ♪
「あなたが来てくれて・・・嬉しかったですニャン。」
か・・・可愛い~~♪
どうして攻略出来ないのか、製作者の方と1時間ほど膝を付き合わせて話し合いたい。







ダイヤの国のアリス ~ ジョーカー 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


ダイヤの国のアリス




*ジョーカー (CV:石田 彰さん) 感想

s-13.jpg
  


 ジョーカーは攻略対象では無いので、ブラッディ・ツインズルートから派生させました。
ブラッドルートからも行けるらしいです~。

何故、真相に近そうなジョーカーに特攻してしまったかと言うと、好きなキャラは取っておく主義だから・・・だけです。www
でも、今回のジョーカーは割と穏やかな気持ちで行けたなぁ・・・。
思うに、BWS-LHのザラの声が割と好きだったので、それで絆されたっていうのもあるような? ← 単純なやつ



ダイアリでは、クローバーの国から引越しで弾かれた事になっているので、アリスがジョーカーの国の事を覚えていないという設定になっている。
でも、何度も会ってしまううちに、少しずつ思い出して・・・。

つか、今回のジョーカー、弱っちくありません? (^^;;
エースと戦うシーンなどは特に。
ジョーカーって、もっとふてぶてしくて、傷ついてもそう簡単に苦しそうな様子を見せないというイメージだったので。www



白昼夢のように、突然汽車に乗っていたり、監獄に佇んでいたりするアリス。
その都度、ジョーカーは、車掌姿や看守姿でアリスの前に現れる。
汽車の中、アリス持つハートの小瓶が切符に変わってしまう。
「最善の道を探して迷うから、ここへ来てしまう。」
「早く汽車にのって、楽になってしまえばいいのに。」
切符と小瓶。
汽車と監獄。
ホワイトさんとブラックさん。

似て非なるもの。



ジョーカーENDは2つ。

「2人だけのステージ END」
⇒ 私感ですが、こちらはホワイトさん寄りENDなのかなーと思いました。
迷い続けているアリスを、いつか捕まえたい。
アリスを監獄に、若しくはサーカスに閉じ込めたいホワイトさんが、遂にサーカスへと連れ込んだENDなのかなぁ・・・。
ジョーカーの国にあったサーカス。
そのサーカスのステージへと、手を引かれて行くEND。

「終着駅 END」
⇒ 対して、こちらはブラックさん寄りEND?
監獄でも「また来やがって。さっさと失せろ。」とアリスを追い出そうとするブラックさん。
ブラックさんは、アリスを監獄へ閉じ込めたくないと思っている。

汽車の中、ホワイトさんとブラックさんに追い詰められたアリスは、ポケットの中に手を入れ、そこに固いものがある事に気付く。
取り出してみると、それは・・・銃。
薄い水色がかかった色をしたそれ ・・・って、ポケットの中にあった小瓶が銃に変わったと言う事ですよね。
そして、その銃でジョーカーを撃つ。
「ジョーカーを撃つなんて・・・!」とジョーカーに叫ばれるように、それって「罪」を犯した(罪人になった)という事なんだろうか?
ぎゃぁぁぁ~!!処刑人エース登場かー?!
と慌てたんだけど、エースは登場せず。
残ったジョーカーが、切符の行き先を確認して、終着駅でアリスを降ろすEND。

小瓶が銃に変わり、それでジョーカーを撃ってしまったとしたら~、
・罪人になってしまったので、到着したのは処刑台
・小瓶を失い銃を手にした事で、完全に不思議の国の住人になってしまったので、到着したのは不思議の国のどこか?
・迷わなくなってしまった・・・と言う事は、監獄に収監???
ん~、どこに着いたとしても、絶対に幸せな場所ぢゃない気がするよなぁ。

銃でジョーカーを撃たなければ、きっとブラックさんは切符の行き先(アリスが望む帰りたい場所)へ、汽車で送り届けたいと思っていたのかも。
「早く汽車に乗って、楽になってしまえばいいのに。」


そして、ブラッディ・ツインズルートでジョーカーに剣で斬りつけるエースは、ホワイトさんENDもブラックさんENDも望まず、いつまでもいつまでも迷い続けて、今のまま余所者として不思議の国にいて欲しいと思っているのかもしれない。











BLACK WOLVES SAGA-Last Hope- ~ パール&リッチー 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-




*パール(CV:岡本 信彦さん)& リッチー(CV:下野 紘さん)感想


s-icon8ricchi.jpg


 主人公の友達兼番犬。犬型と人型を使い分ける。
ちなみに人型の時どう見ても女の子にしか見えないが、リッチーも男の子。


攻略対象って・・・。
この子供らを私にどうしろと?www

「オタ主婦のゲーム日記」のエイカ様から、「愛でる気持ちで。」と優しく諭して頂いたので、ペットを眺めるつもりでスタート!
さすが子犬だけあって、わんわんきゃんきゃん、忙しなさは抜群に表現されておりますな・・・。

ピアス(にゃんこ怖い!にゃんこ怖い!・・・うふ、可愛い♪♪)は大好きだけど、犬は基本的に苦手なのー。 ← 比較対照が根本的におかしい
子供 × 犬 = 頑張れ私!


CVを、他のキャラを担当されている時と比較して聞いたりするのが大好きなので、岡本さんは「青の祓魔師」の双子の兄の燐と、下野さんは「猛獣使いと王子様」のアヒルちゃんルシアと比べながら聞いていたのだけれど、今回は下野さんがGJ!
子供って(しかも犬!)難しい役だと思いますが、すごく自然に気持ちがこもっている感じ♪


割とクールな気分で進めていたのだけど、2人(2匹?)が助け合いながら城へ忍び込み、研究資料を盗み出そうと東奔西走する様子に、次第にハラハラ!!
リッチーが「見つかったら、終わりなんだから!!」と何度も釘を刺すので、その度に一緒に気持ちが追い詰められるんだよー!
いい! 父ちゃんなんて放っておいて、目的だけ果たそう!!!www


パール&リッチーのENDは、それぞれあるんだけど、どちらもほぼ同じ。(^^;;
BAD ENDはそれぞれどちらかが助からないEND。
GOOD ENDは無事に助かって、パールもしくはリッチーが「大人になったら結婚してね。」と主人公に可愛いプロポーズをする・・・というもの。

パールVer.のみ、お城へ士官訓練のために入り主人公から離れていた2人が、3年後に戻って来たという設定で登場するんだけど・・・。
ん~~~・・・子供のまま?www
ま、たかだか3年だからなー。

私はまた、「猛獣使いと王子様 FD」のエリクが、大人の姿になれる薬を飲んで舞踏会に登場した時のような、10mくらい後ずさりしてしまうほどの壮絶美形に変身して登場してくれるかと思ってたのにぃ。ちっ。

CERO D、残虐シーンぢゃなくて、そちら方面で活かして欲しかったなぁ~。www








拍手、ありがとうございます♪

拍手を送ってくださいました皆様、ありがとうございます♪

笑って頂いたり違うよぉ~と思われたり、楽しい気持ちを共有して頂けたら、とっても嬉しいですっ!

また、遊びにいらしてくださいね~!




ダイヤの国のアリス ~ やっと始め・・・たのですが
ダイヤの国のアリス



s-08.jpg


 「ダイヤの国のアリス」ですが、神棚に上げて、ペタちゃんやピアスが登場するように、ボリスが攻略対象になるようにと祈祷と呪詛とおまじないを繰り広げておりましたが、どうにもならないと思い知ったので(今頃?!)、神棚から下ろして来て、覚悟を決めて始める事にしました・・・。

いつもながら、攻略サイトさま、心から感謝しております♪

誰から特攻しようかな・・・と思い悩むこと、しばらく。
今回は「起承転結の転」と言われており、突然新キャラから始めても訳わかんないだろうなぁと思ったので、ブラッディ・ツインズから特攻することに。
帽子屋屋敷には攻略キャラが3人もいるので、帽子屋ルートを何度もなぞることにもなるかと思いましたし。(^^;;

んで!
まずはお約束のプロローグで、ペタちゃんが返事をしてくれない事にしばらくベソをかき、帽子屋へ特攻したのはいいのですが・・・。
進まない。
えぇ、全く進みません。


進まない理由その1
さすが「転」と言われているだけあって、ハトアリからジョカアリまでの謎という謎をダイアリ仕様に模様替えした謎が、「おらおら、どうや、これでもか~!!」とばかりに雨嵐のように降り注いで来るのです。
恒例の、超湾曲した表現で。www
その度に「え??どういう意味??」と手を止めて考え込んでしまう・・・。
ハトアリからジョカアリまでをもう一度おさらいしないとダメ・・・なのぉ???
ジョカアリなんて4周したのにぃ・・・。
しかも、決して明るくないだろうとしか思えない「結」の予感。
ある意味、アリスクリスタへの挑戦?!
どれだけ愛しているかを試しているとしか思えない・・・。
そして、どれだけ私がアホかを試しているとしか思えない。


進まない理由その2
アリスのびっくり顔アップが怖い。(特に目)www
絵師さんが交代されて、すっごく綺麗になった・・・と思える面と同時に、以前のキャラの姿の方が良かった・・・と、じーっと立ち絵やスチルに見入ることしばし。
キャラの立ち絵の「目」は、絶対に以前の方が良かった!色っぽかった!


進まない理由その3
今回はブラッディ・ツインズがずっと大人Ver.で進むのですが、以前から「危険」ともっぱらの噂だった大人ダム(CV:福山 潤さん)のお声。
危険度が格段にUPしていますっ!!
「華アワセ」の蛟を軽く上回る危険度です!www
「・・・ね?」とかとかとか、わお♪と叫んでPSPの画面に顔をぶつけて痛がった後、速攻Lボタンを押してリピートしまくるので、一向に進みません。
今回は大人ディーもかなり危険です・・・。
嬉しいやら困ったやら♪♪


進まない理由その4
声は聞こえないのに、時々これ見よがしにペタちゃんの姿をちらつかせる。
その度に、その度に・・・さらに落ち込むんですよー。
心がささくれ化するぢゃないかー!


進まない理由その5
単に私がのろい。




はぁぁ・・・進まないぃぃぃ。
腹をくくるしかない。

*ちなみにただ今、ブラッディ・ツインズルート2/3辺りまでしか辿り着けておりません・・・。
 しかも、まだ1人目・・・。




  ↓
  
  ↓

  ↓


・・・と、落ち込んでいたのですが、A型の得意とするところの、どん底からの開き直りが来ました!

悩んでいたって仕方無い♪

とりあえず、1周目は懐かしいお声を楽しみながら、さらっと行く事にします♪
悩むのは、その後にしよ。www











BLACK WOLVES SAGA-Last Hope- ~ ネッソ 感想
*ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


BLACK WOLVES SAGA -Last Hope-



*ネッソ 感想 (CV:三木 眞一郎さん)


s-04_nesso180_150.jpg

 
 主人公の兄。(異母兄妹)  ウェブリンの騎士団グライフリッター筆頭騎士。 


妹に、秘めたる熱い想いを寄せている・・・どこかの毒を持った蝶のお話の「お兄様」と共通する立場だけれど、そりゃ全然違う。
だって、片や18Rだし。www

でも、ネッソも妹を助けるためなら、手段を選ばないほど必死。
妹を助けるための薬の精製に必要な過去の資料を奪還するために、メヨーヨ達の城に隙を作ろうと、自分の騎士団を引き連れて囮になる・・・って。 -(゚Д゚;)-
そりゃ百歩譲って、後々、人々のためにもなるだろうけれど、妹1人のために自分の部下を危険に晒しまくる訳で。

自分の部下多数 < 妹

あ、そういう細かい所に拘っていてはいけないのは良く分っているんですけれど、興に乗らないと、思わずそういう穿った視点で見てしまうんですよねー。 ←性格悪っ

それに加えて、ザラルートの途中から、うすうす感じてはいたんですけど、ネッソ、イマイチ得意ではない ・・・んだよなぁ。
キャラでもお声でも、人それぞれ得手不得手はありますもんね。
十人十色、百人一首ってね。(ちがーう!)

その点このゲームは共通ルートがすごーく長いので、Skip機能を使って、ガシガシ!チームルート(家族ルートとか)までぶっ飛ばせる♪
PSPを立てかけて、炬燵から目だけ出して画面が止まるのを見ていればいい♪
(何故、炬燵から目だけ出して潜っているのか・・・・・・部屋が寒いからです)
贅沢を言わせて頂ければ、「次の選択肢へ飛ぶ」機能があれば、もっとヨカッタな。



ぼやいてないで、ネッソだった・・・。
ネッソは兄であるのに、事ある毎に(事無くても)主人公に何気な~く、でも執拗に愛を囁いてきますよねー。
「血が繋がってない」とおっしゃってますが、お父ちゃんは一緒だよね??
それって、血ぃ繋がってるんじゃ・・・???  ← そこも突っ込むか?

ネッソは、囮作戦の際に落馬して、記憶を失ってしまう。
ある意味、因果応ほ・・・。 (☆_@;)☆ \(`-´メ) やめれ。



ネッソBAD ENDは、ぎゃぁぁぁ~!!!でしたー!
グロ系ヘタレの私には、スチルなしでセリフだけでも、PSP落しそうになった!
ネッソの頭を投げるのはやめて~~。
お城まで持って歩けとか言うのやめてぇぇぇ~。(号泣)
怖いよー!!!
これでCERO D な訳ね?
恐るべしCERO D・・・。
BN、これより凄いなんて、マジやらなくて良かったー!!
改めて、乙女ゲームblogの皆様の感想を拝見させて頂けることに感謝です!


ネッソ GOOD ENDは、ネッソも主人公も幸せになれたので良かったのですが、「血ぃ繋がってるんじゃ・・・??」と再度つっこんだ事は、言うまでもありません。
ネッソ、最後に「僕のお姫様」って、絶対に途中から記憶戻ってるな~!
どのヘンで戻ったのか言ってみぃ!www



ネッソのExtra voiceの動物語尾バージョン、人間だからどうするんだろ?と思っていたら、愚痴りつつ、すっごく恥ずかしそうに「~にゃん。」なんて言っちゃう。www
ここのネッソが一番いいかも♪








Lamento -BEYOND THE VOID- その他 登場人(猫)物 感想
 

☆R18のBLゲームの上、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


Lamento -BEYOND THE VOID- 



バナーが無いので、コノエのバナーなんて貼ってみる

bana_02_01m.jpg



*トキノ(CV:木島 宇太さん)

どのルートにも出てくるコノエの友達のトキノ。茶色猫。
この子がいい子で♪
花冠とか編んじゃうんですよぉ♪

つか、トキノがコノエにくれた花冠、「不思議な花と不思議な石が編みこまれていた・・・」とあったから、その花と石が来る!ストーリーに絡んで来るぞ!どんな不思議が起こるのかな♪とワクワクしていたのに、あっさりとスルーだった・・・。

スルー・・・ね。

リークスがトキノに手を出すんじゃないかと、すごく心配していたんだけど、大丈夫だった♪
リークスだったら、コノエの大切な物を壊しかねないし!
手を出したら、タダじゃおかねーからなー!と、ずっと息巻いていたのはワタシです。



*呪術師(CV:保村 真 さん)

CVの保村さんは、冥戯の双子猫のウルのCVもされているんだけど、どちらもお声に
柔らかさがある♪
柔軟剤みた~い。(え?)

呪術師は前にも言ったけど、お姿が他の追随を許さないほど素敵♪
メインキャラより美形って、どうよ♪
お顔と声は若いんだけど、長い時間を生きているという設定なので、話し方が「~じゃのう。」という老猫の雰囲気なのが・・・惜しいっ。
そのお顔で、その優しいお声で、是非フツーにしゃべって欲すい。(^^;;



*シュイ(CV:中原 茂さん)

歌うたいの猫。コノエの亡き父で伝説の賛牙。
顔を隠している布を纏ったままの姿の方が、捕えどころがない感じでいいな。
リークスにここまで執着させる程の絆って・・・ある意味、寵愛??www
魔物に襲われず、迷わずに自分の隠れ家に来れるようにと、シュイのために結界を張るリークスって、そこだけ!そこだけはいじらしいと認めてあげよう。

この「歌うたいの猫」のテーマ曲が、むちゃくちゃ切なくて素敵♪
携帯にダウンロードするわ、PCでyou tubeにアクセスするわで、しばらくこの曲漬けになってた。
指がアコースティック・ギターの弦を擦る時の「キュイッ」っていう音が、これまたいい!
携帯の着信音に設定しかけたのだけど、この曲の出所を知っている人に聞かれたらヤバイ・・・それが知人だったりしたら、本性ひた隠して生きる立場と致しましては相当ヤバイわな・・・と悟り、こっそり1人で埋もれてます。www



Lamento、本当に楽しかった!
攻略対象は3人と少なく、共通ルートはどうしても金太郎飴状態だけど、個別ルートが長いので、がっつりとLamentoの世界に浸れる♪

登場するキャラもそれぞれ個性が立っていて、イラッとするキャラもいないし、CVもNitro+CHiRAL はいつも、よくぞこんなにぴったりな人を探してくるよなぁ~!と感心させられるようなキャスティングなので、安心。

曲も全て良く、サントラ版の人気も頷けます。
BLはちょっと・・・と思われる方も、R18の場面はストーリーの一環だとぱっさり割り切って頂ければ、きっとすんごく楽しめる作品だと思います♪








今年も宜しくお願い致します♪

新しい年になりました!

今年も、こんな好き放題に語るblogですが、どうぞ宜しくお願い致します♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。