すっぴんは晒せないっ
顔も心もすっぴんを晒せず、本性をひた隠して過ごす毎日
プロフィール

朱雅 (しゅま)

Author:朱雅 (しゅま)
乙女ゲーム・BLゲームについて、だらだらと感想を語っております。私見なもので、ネタバレも苦言も一切関知無しですのでご注意を♪



最新記事



カテゴリ



最新コメント



お越し頂き至極光栄

こう見えても(自称)シャイなやつなもんで、どうぞ声をかけてやってください♪ 喜んで遊びに伺わせて頂きまっす♪ *拍手コメントへのお返事は、その記事へのコメント欄へさせて頂きますね♪感謝の気持ちを込めて♪



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ariard - 少年アリス  帽子屋 感想
R18のBLゲームであり、また、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


Ariard – 少年アリス 





*帽子屋(CV:四ツ谷サイダーさん) 感想 

s-bn_madhatter3.jpg


帽子屋、とにかく優しくて穏やかで、いいお声♪♪
攻略を最後にしたのも、いいお声を聞いて締めくくろう!と思ったから。www


 不思議の国へと連れ込まれ、白兎から逃げて森の奥にある屋敷へ飛び込むと、待っていたのは帽子屋。
その紳士的な立ち居振舞いに対し、アリスも大人しく、かつ敬語。ww

「アリス、触れてもよろしいですか?」
帽子屋は、アリスの身の回りの世話をするために身体に触れる前には、必ずそう尋ねる。
すっごく優しくて礼儀正しい言い方なんだけど、何だかやたらと色っぽぉい雰囲気が満ち満ちてる♪
そう尋ねながら、アリスを甘やかしまくる♪
体、自分で洗わせていいと思いますよ。www


屋敷の各部屋は、アリスのために用意した本や小物でいっぱい。
薔薇園も、アリスのために整え、薔薇がきれいに見えるようにと魔法(のようなもの)まで使って、庭の上空だけ青空に変えている。(世界全体が不安定なので、空が赤くなっている)


帽子屋も「王」候補の1人であり、その目の色と同じ青い薬を持っている。
アリス大好き♪♪はヒシヒシと伝わってくるんだけど、「私はあなたの下僕です。」と謙り、一線を引いている。
その、触れたいんだけど触れないぃぃみたいなじれったさがもう!ww


帽子屋は、アリスの「王」候補になったが、実は「王」にはなれない。
王は世界を支配する者、帽子屋は世界を紡ぐ者。
その役割は重なる事が出来ない。
「一時でも、本物の候補者のように振舞いたかった。そして少しでもあなたの側にいたかった。」


R18場面で、帽子屋がアリスを壊れ物のように扱いつつ、でも我慢は限界です!な様子がいい雰囲気です♪♪
穏やかだった帽子屋のお声が、切羽詰まる感じが♪♪

R18の場面になっても、手袋を外そうとしない帽子屋。
訳を訊くと、帽子屋というのはもともと体温が低い存在で、アリスが幼少の頃にその手の冷たさで不安にさせた記憶があるとのこと。
候補者になった事で「力」を得て、少しだけ体温が上がった。
もっと「力」を得て、気兼ねなくアリスに触れたかった・・・と打ち明ける。

・・体温上昇が今生の望みぃ・・・???
た、体温上昇って・・・。www


「王」候補は全部で5人で、アリスが幼少の頃に不思議の国に落ちた時に、アリスから透明の薬の瓶をもらった者・・・という事になっているんだけど、帽子屋はジャック(CV:髭内悪太さん)から瓶を奪った・・???ような話のくだりがあるんですよねぇ。

s-bn_jack3.jpg

でも・・・解明無し!ww
つー流れで、最後は帽子屋とジャックが決闘して、勝った方が候補者となる・・・という事で決着をつけることに。
ん~、帽子屋もジャックも、どちらもいいお声なんだよなぁ♪
両方頑張れ!www
つか、帽子屋、王になれんじゃん!



帽子屋のBADは4つで、うち2つが共通BAD。

帽子屋独自BADその1は、アリスがジャックに囚われて終わり。
ジャック、左腕折るなんて、いくらなんでも痛すぎる!!
いつも、ぐぐっと我慢の人だったのにぃ~。


帽子屋独自BADその2は、アリスが女王、帽子屋が王になったんだけれど、帽子屋がアリスを大事にし過ぎる余り、闇の中に囲って全て面倒を見まくった挙句の果てに、アリスが壊れてしまう。
女王が壊れたことで、また世界に歪みが生じて・・・END。
過保護もほどほどにしないと、帽子屋~。


帽子屋GOOD ENDは、アリスが目を覚ますと、Bedの中、隣で帽子屋が眠っている。
いつもはアリスが目を覚ますと既に朝の準備をして控えている帽子屋が、今日は隣で眠っている・・・。
それが嬉しいアリス♪
世界が歪んでいた事で赤かった空は、今は青空。
「帽子屋の瞳と、同じ色だ・・・。」





フルコンプすると、タイトル画面に新たなタイトルが出るんですよ♪
そこには、白兎・帽子屋・チェシャ猫・蛹・Dが、それぞれ王候補となった時の、アリスが幼少の頃のSSが綴られているんですね~。
Voiceが無いのが残念なのですが、そのSSの中で、チェシャ猫の幼少時の姿が見られるんですけど、それがすっごーく可愛い♪
どうしてそのまま大きくならなかったのか?!・・・と声を大にして訊きたい。www





スポンサーサイト

Ariard - 少年アリス  白兎  感想
R18のBLゲームであり、また、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


Ariard – 少年アリス 






*白兎(CV:野次馬根性さん) 感想


s-bn_rabbit3.jpg

 アリスを不思議の国へ連れて来た張本人。


最初から、アリス大好き♪♪迫る迫る・・・と思ったら、実は、 アリス好き < 王様になりたい だった・・・。
不思議の国の王様は、すべてを思い通りに出来る程の力を持つ。
ある1つの願いを叶えるために、一時的でもいいから王様になりたい。
だから自分を選んでよと、アリスに迫りまくる。


白兎、大好きな日・・・・・野次馬根性さんのお声なんだけど、明るくて軽くて空虚な感じのキャラで進行する。
低音でクールな雰囲気Ver.のお声が好きなもんで、 白兎、病んでくれ~病んでくれ~と祈り続ける!www


白兎は、地下の国(不思議の国)のさらに地下、「うさぎの穴」と呼ばれる場所の番人。
そこは真っ暗な闇の世界。
うさぎの穴は、不思議の国で不要になった物「廃棄物」を捨てる場所なのだが、不思議の国に未練を残した「廃棄物」達は、戻ろうとして抗い、襲ってくる。
その悪さをする「廃棄物」達を絶つために、日々命がけで闘う事が、番人である白兎の「役割」。
地下から出る事すらなく、暗闇の中で、たった一人で、誰にも知られずに。

しかし、白兎はアリスから「王」候補に指定された事で、うさぎの穴から出る事が出来るようになった。
そして白兎は、うさぎの穴を塞ぎ白兎の「役割」を無くしたい、自分でこの役割を終らせたい・・・だから「王」になって力を得たい!と思っていた。
白兎が持つ時計は、なんと、その「廃棄物」達の餌だった。

地下の闇の中で探し物をするアリスを、襲いかかる「廃棄物」たちから守って自分が怪我をしても、「こんなの大丈夫だよ。」と変わらず明るく軽い感じで話す白兎。
今まで一人ぼっちで戦い続け、自分のような思いをする「次の白兎」を作りたくないと願う白兎が不憫・・・。

このまま(表面的には)明るい白兎で行くのか~・・・と思っていたら、来ましたね~♪
「本気で求めていいの? 絶対に君を離さないよ。」
この辺りのお声が♪♪


が・・・
何と、白兎ルートでは、蛹がやたら素敵なのだ!!
「・・・塞げ。奴を入れるな。」
し、渋いっっっ♪♪♪
奴って、王様の事なんですケド、王様を「奴」呼ばわりするのは蛹だけなんですよね~。
このVoice、速攻登録してリピートしまくりました♪


白兎のBAD ENDは4つで、そのうちの3つは共通BAD。

白兎 BADは、白兎に絡め取られて、白兎が王になる。
が、空の色は戻らず赤い色のまま・・・うさぎの穴の闇の色、黒を混ぜたような・・・。
そして、また次の「アリス」が落ちて来る・・・。
白兎は自分の本願叶えただろうけど、 「アリス」の役割は回避しないのかー?!

白兎 GOOD ENDは、白兎の力で地上の元の世界に戻してもらったアリスだが、そこでの寂しさを思い知り、様子を見に来た白兎に不思議の国に戻りたいと言う。
「やっと素直になったね。」
また白兎に抱えられて落ちて行く・・・今度は自分から望んで♪



白兎、もっと、もぉぉぉ~っと、病んで欲しかった♪












Ariard - 少年アリス  蛹(さなぎ) 感想
R18のBLゲームであり、また、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


Ariard – 少年アリス 




*蛹(CV:各邑辛多狼さん) 感想

s-bn_cap3.jpg



 攻略対象4人(+ 隠れ1人)の3人目にして、あっさりと隠れキャラへ特攻です。
蛹は、次期女王の教育係。


知性と分別がある大人な感じで、アリスも他のキャラにはつっかかるのに、蛹には敬語。ww
教育係だけあって、アリスに不思議の国の事をいろいろと教えてくれるが、他のキャラのように不思議の国に留まるようにとは言わず、アリスの望むとおりにすれば良い・・・と言ってくれる。
「私は嘘吐きでもある。」と自虐的かつクールな蛹だが、アリスはだんだんと蛹の側にいることに安心感を持つ。


しか~し、実は、アリスが選ばなければならない「王」候補5人のうちの1人だったんですねー。
目の色と同じ緑色の薬、持ってました。www
「黙っていて悪かった・・・。」
いいんです!初っ端から薬を強要する双子よりは、ずぅぅぅ~~っとOKですっ!
でも、アリスを「次期女王」呼びは、ちょっと・・・ヘン。www
でも、打ち解けてくると、ちゃんと「有純」と本当の名前で呼んでくれるんですよね。


他のキャラは、最初からアリス大好き♪なんだけど、蛹は一線を引き続ける。
なので、蛹ルートでは、アリスから迫るんですねぇ。
「余裕があるふりくらいは、させてくれ・・・。」
R18のスチルでは、蛹がすっごい優しいお顔をするんですぅぅぅ♪

蛹、渋いしあっさりしているしで、オアシスです~。www


蛹ルート、さすがに隠れキャラだけあって、真相がひとつ語られる。
王様に馴染めず心を悩ましていた不思議の国の女王は、蛹の力で地上に女王がワープ出来る器(人間)を作ってもらい、その人間として地上でも暮らす事で、安らぎを得ていた。
その地上での人間としての器が、有純=アリス のお母さん だったんですねー。

地上で別に旦那を作り、子供まで作った事に王様が怒り(そりゃ怒るわな) 、旦那(アリスのお父さん)を王様が殺してしまっていた。
そしてまた、アリスの目の前で王様によって女王が殺される。

この一連の出来事って、アリスにとっての枢軸、根本的な問題だと思うんですけど、蛹と王様によってさらっと語られるだけ・・・。
しかも、目の前で女王(お母さん)を殺されたアリスも、ほぼ取り乱さず・・・???
こ、こ、ここを丁寧に描かない・・・。(^^;;

しかも蛹、王様に対抗出来てるんじゃね?くらいの力を持っている雰囲気。
この人、何者??
しかし、それもスルー・・・。
了解です。



蛹のBAD ENDは5つで、3つは共通BAD。

蛹 BADの1つが、来ました! 王様(CV:河村眞人さん) !!

s-bn_king3.jpg

何故攻略出来ないぃぃぃー!?
王様、現女王を見捨ててアリスにお乗り換え。
代替わりするとか言っておきながら、また自分が王の座に居座ろうと!?
薬を飲ませまくり、アリスの身体を女性の身体に作り変えるって・・・。
何でもアリだな。orz
でも王様、とっってもいいお声なので、囁き声は、むっちゃ危険な雰囲気です♪
ふふ♪ ← お前が危険だ


蛹 BAD ENDの2つめは、アリスも世界の歪みを生み出すぞEND。
王様が女王とアリスを同時に襲った時に、蛹が身を挺して庇ったのはアリスではなくて女王。
でも、女王は殺されて、結局アリスが女王、蛹が王様になったんだけど、アリスは蛹を信じきれない。
なので目の色もお揃いにならない。(心が打ち解け合うと、目の色が王様とお揃いの色になるんでございます)
そして新女王の不安定さにより、世界の歪みがまた始まる・・・。
蛹が好きだったのは、自分<女王 って知ってしまったケド、いいじゃん、女王もういないんだし ・・・って、だめ?ww


蛹 GOOD ENDは、王様になったんだけど、お城にいるよりも自分の家で研究している方がいいと、お城に居たがらない蛹。
でも、目の色は蛹の緑色でお揃い。
好きにしていても、アリスの隣に居るという事が幸せなんだよ♪END。
それにしても蛹、研究者ぴったりの外見なので、王様の装束、似合わねー。www



短い・・・超あっさり・・・。
了解です。







Ariard - 少年アリス  チェシャ猫 感想
R18のBLゲームであり、また、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!


Ariard – 少年アリス 



少年アリス、Dルートでは、超ダメージをくらいましたが・・・大丈夫です!!
どうも、Dルートがあまりにもマニアックだったらしく、それ以外のルートは、短いですがあっさりですが、割と楽しいです♪



*チェシャ猫 (CV:石川ゆうすけさん) 感想

s-bn_cheshire3.jpg


 攻略対象4人(+ 隠れ1人)の2人目は、チェシャ猫です。
パチパチパチ!! ← 拍手のつもり
良かった!チェシャ猫ルートは、無理矢理ぢゃ~ありませんでした♪ www


アリスが幼少の頃、一度不思議の国へ落ちた時に仲良くなっていたチェシャ猫。
再会したのに、ぶっきらぼうな態度なものだから、アリスも何かと突っかかる。
でも、そんなぶっきらぼうな態度の裏に、アリスが心配で心配で仕方が無い・・・というのがバレバレ。
気付かないのはアリスだけ。ww


誰も入れないように結界を張っている自分の縄張りに、ちゃぁんとアリスだけは入れるように仕掛けをしてあったり、「力」を使う魔法(のようなもの)を教えてくれたりする。
何かと構うものだから、アリスに「どうして構うんだよ?」と聞かれて、つい「おまえが大事だからだよー!」と叫んでしまう♪
そうして、少しずつ2人(1人と1匹?)の気持ちが深まって行くのですねぇ。

王城で監禁されているところを助け出してくれたり、ジャバウォック(ドラゴン:こいつが可愛い・・・んだけど、こいつが何故関与しているのかは、全く語られないwww)と対峙する時に庇ってくれたりと、つっけんどんな言い方をしながら、傷だらけになりながら、一生懸命アリスを守ろうとする。
チェシャ猫、健気♪


加えて、チェシャ猫の話し方が、すっごい可愛い~♪
割と低音(いろは な感じです www)でぶっきらぼうなのに、びっくりしたり、ちょっと拗ねたり、がいちいち可愛い。

特に、小声でぼそっと、何気ない一言を呟く時が、むっちゃ可愛い!

一番好きな台詞が、「いや、『力』込めろよ。」
チェシャ猫が、アリスに魔法を教えている時の何気ない一言なんですが、これが!!可愛い♪
思わず「やだ、可愛い~!」と何度も呟いてしまいました♪ (可愛いを連発し過ぎだ・・)
石川さん、GJ!です!

R18シーンは、スチルもお声もむっちゃリアルなので、ちょっと焦りますケド。(^^;;


ストーリーは、全体的に短いためか、やっぱりどうしても薄くて(これ以上ストーリーに触れると、全ネタバレしそうなので自粛)、アリスの一身上の苦悩も何処吹く風状態だけど、チェシャ猫がとっても可愛いので、ま、いっか♪と思えてしまう。
チェシャ猫マジック。ww


BAD ENDは4つで、そのうち3つは共通BAD。
チェシャ猫独自BADは、また双子!!
こいつら、とことん悪いんだな。(^^;;

GOOD ENDは、もちろん次期女王のアリスがチェシャ猫を王に選び、城に篭らずに2人で旅をするEND。
最後のスチルが幸せそうで、チェシャ猫良かったね♪って、心穏やかに終われました。www


2人クリアすると、隠れ様がOPENします♪

最後まで頑張れそうな気がして来ました。www











Ariard - 少年アリス  D 感想
R18のBLゲームであり、また、ネタバレ一切無視(むしろネタバレのみ)で語りますので、自主防衛でお願いします!
しかも、今回はかなり文句たらたらです。ご注意を。


Ariard – 少年アリス 





 Ariard – 少年アリスを始めました。
未だ「D」のみクリアですが、う~~ん・・・。
すっごい楽しみにしていたのですが、う~~ん・・・。

最初、攻略サイト様を頼らずに特攻してみて、速攻BAD ENDへ突入しました!www
そこで、攻略サイト様を探したのですが、発売3日目にして、ちゃんと攻略サイト様があった!!
凄い~♪凄過ぎる~♪
攻略サイト様、ありがとうございます。(拝)


大まかなストーリーは、身の上に苦悩を抱える“有純くん”が突如現れた白兎に捕まって、地下の国へと連行される。
そこは不思議の国で、皆が有純を「アリス」と呼ぶ。
不思議の国には王と女王がおり、統治している。
王が女王に「力」を注ぐことで女王の不思議の国への影響力を発揮させ、国を統治しているが、現女王の力が弱まっており、代替わりをしないと不思議の国は消滅する危機にある。
有純は、実は幼少の頃、一度不思議の国へ落ちて来ていて、皆と仲良くなり、王と女王に対して
次期女王になる契約を結んでいた。
(女王なんだけど性別関係無しwww んで、この時の名前の聞き違いでアリスと呼ばれている)
その時期になるまで地上の生活へ戻されていたが、次期女王となるために不思議の国へと連れ戻された。


*D(CV:山口 知大さん) 感想

s-bn_d3.jpg


 ディーとダムの双子。当初は、双子自身が「2人でひとつ」と思っているので、自分達を“D”と呼んでいる。

ん~、子供なんですよ、Dは。(^^;;
しかもぉ、ストーリー全体の半分くらいがR18関連で・・・。
BLゲーはストーリーが厚いから面白くて、R18シーンは装飾品くらいに思っているもんで、このゲームはR18シーンを見るためのゲームみたいで、かなり興醒め・・・。(涙)

肝心のストーリーも???で・・・。
一身上の苦悩を抱えているのに不思議の国に来てしまったアリスが、元の世界へ帰りたいと必死に逆らうんだけど帰れない。
不思議の国の次期女王なので、「王」を選ばなければならず、その「王」になる人から「力」をもらわないと生きていかれない。
その「力」というのが、小瓶に入っている薬で、なんとそれが思いっきり「媚薬」なんですねー。(^^;;
んで、全然納得出来ていないのに、それを無理矢理飲まされてR18シーンへ・・・の繰り返しなのでございます。
なので、GOOD END直前までずぅぅっと無理矢理なのですなぁ・・・。
んで、GOOD ENDでやっとD達と心を通わせて女王になっているんだけど、フツー、ここからだろ?って感じでー。(^^;;
後半、アリスをめぐって双子が対立してしまうんですが、その双子の気持ちの機微も、あっさり・・・。
しかも、一身上の苦悩はどこへぇぇ~?!


ん~、しかも、子供なんですよ。(何度も言うが)
BAD2個とGOOD ENDでは、Dは青年姿になるんですけど、最初から青年でお願いしたかったぞ!と。
しかも、双子と言う事で、お察しの早い乙女様はピーンと来ていると思いますが、まさしく3Pとにりんざし有りで。
う~ん、ショタ系が大変苦手なやつと致しましては・・・無理ぃぃ。

それから、BADがやたら多くて、7つほどあって、触手BADもあって、ううう・・・。
絵が綺麗(しかも、すごいリアル)なだけに、ううう・・・。

DのBADが1つ拾えてないみたいなんですけど、もうこれ以上は無理や・・・と判断し、他の対象へ移ることに。(^^;;
そうですね・・・ちょうど DIABOLIK LOVERS と同じ類の疲労感とでも言いましょうか。


他の対象は、白兎が野次馬根性さん♪、Mad Hatterは四谷サイダーさん、チェシャ猫が石川ゆうすけさん、ジャックが髭内悪太さん、そして今まで存じ上げなかったのですが、王が河村眞人さん。
この王様がいいお声で、しかもちょっと病み系で♪
隠しがいるとの事で、ジャックか王様がええな~♪と思っていたのですが、違いました・・・。

なので、他の対象なら、もう少し楽しく進めるのかなぁ??と淡い期待を抱いております。
楽しく進めなかったら、わわわわわーっと終らせて、大正メビウスラインに突入しますっ!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。